映画を観る前に知っておきたいこと

赤毛のアン
原作が生まれた国カナダで実写映画化

赤毛のアン

持っているのは、豊かな想像力。

赤毛で、そばかすだらけで、やせっぽち。お世辞にも美少女とは言えないけど、豊かな想像力と楽しいおしゃべりで周囲の人々を虜にしてしまう。

カナダの作家ルーシー・モード・モンゴメリが1908年に発表した名作児童文学『赤毛のアン』が実写映画として現代に蘇る。これまで幾度となく映画化されてきた不朽の名作も、今度はモンゴメリの孫にあたるケイト・マクドナルド・バトラーが製作総指揮として参加。カナダのプリンス・エドワード島の美しい四季を背景に、母国の精鋭スタッフによって作り上げられる。

主人公アンにオーディションで選ばれたのはカナダ出身のエラ・バレンタイン。三つ編みの似合う、原作のイメージ通りの少女だ。また、アンの良き理解者であるマシュウ役のマーティン・シーン、厳格だが愛情深いマリラ役のサラ・ボッツフォードらが共演する。


予告

あらすじ

カナダのプリンス・エドワード島。花が一斉に咲き誇る春、農場を営む年配のマシュウ(マーティン・シーン)と妹マリラ(サラ・ボッツフォード)は、働き手となる11歳の男の子を孤児院から引き取るつもりでいた。しかし、二人の家にやってきたのは赤毛の少女アン(エラ・バレンタイン)だった。兄妹は、むげに追い返すわけにもいかず、アンに別の引き取り手が見つかるまで家に置くことにした。

赤毛のアン

© 2015 GABLES PRODUCTIONS INC.

翌日からアンは、厳格なマリラに命じられて慣れない家畜の世話を手伝いながら、口下手だが聞き上手のマシュウに色んな話をした。5歳で両親を亡くしたアンを辛い時に助けたのは、いつでも彼女自身の豊かな想像力だった。それでも、やせっぽちで、赤毛で、そばかすだらけの容姿だけはどうにもできない。

赤毛のアン

© 2015 GABLES PRODUCTIONS INC.

隣家のお節介なリンド夫人に容姿をけなされた時のこと。腹を立てたアンは無礼な態度をとり、謝罪を命じるマリラにまで反抗して部屋に閉じこもってしまう。しかし、マシュウがそっとアンの背中を押すと、彼女は素直にリンド夫人に謝った。そう、マシュウはすでにアンの心の友だった。それからもアンは次々と騒動を巻き起こしてばかり。最初は戸惑っていたマリラにとっても、いつしかアンは家族同然の大切な存在となっていくが……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。