映画を観る前に知っておきたいこと

青鬼 ver.2.0 一斉を風靡したフリーホラーゲーム「青鬼」の映画化第2弾

投稿日:2015年6月11日 更新日:

青鬼

無料でダウンロード出来るゲーム「青鬼」を映画化したホラー。関連動画の試聴回数は6000万を超える程の人気を博した。続いて制作された公式ライトノベルは、40万部超を売り上げるベストセラーとなった。今回は映画『青鬼』第二作目。本作は続編ではなく、バージョンアップとのこと。

前作はわずか9館でのスタートだったが、話題が話題を呼び連日満席。最終的に80館まで拡大公開され、大ヒットを記録した。また公開と同時に配信されたニコニコ生放送の有料放送では12000人を超える視聴者が集まり、ニコ生有料配信史上最高の動員数となった


  • 製作:2015年,日本
  • 日本公開:2015年7月4日
  • 上映時間:70分
  • 原作:ホラーゲーム『青鬼』

予告

あらすじ

ひろし、杏奈、シュンは同じ学校に通うクラスメイトだ。シュンは随分前から不登校になっていて、ひろしと杏奈の2人は様子が気になりにシュンの家へと向かった。しかしその道中、奇妙な模様をした蝶に誘われて屋敷<ジェイルハウス>へと引きずり込まれてしまう。一方、時を同じくして同じくクラスメイトの卓郎、美香、たけしの3人は肝試しの動画実況をするため、面白半分で同じ屋敷へと入っていった。
青鬼
怪物がでると噂の屋敷。無人のはずなのに怪しげな物音が響き渡る。扉の向こう側からは青い影がこちらを覗き込んでいるような・・・。

「・・・嫌な予感がします。」

その時、突然目の前に青色の巨人が現れる。慌てて出ようと出口へ向かうが、既に塞がれていて脱出できない。
ひろしだけは、この館をシュンが作ったゲーム世界とリンクしていることに気付くのだった。
青鬼

映画を見る前に知っておきたいこと

フリーゲーム・青鬼

青鬼
青鬼は洋館に閉じ込められた主人公が、謎や仕掛けを解きながら脱出を目指すゲームだ。RPGツクールで作られたフリーホラーゲームで2006年ごろからニコニコ動画やYoutubeなどの動画サイトから人気に火がついた。携帯ゲームや青鬼側になって主人公を捕まえるゲームも作られ、映画やライトノベル、漫画などあらゆるメディアに進出していったことは前述の通り。

タイトルになっている青鬼は様々な場所で突然現れ、執拗に追いかけてくる。この青鬼に触れると問答無用で即ゲームオーバー。青鬼を上手くかわすか、身を隠してやり過ごすかなどしながら謎解きを進めていく。

Youtubeでプレイ動画を探したらいくつか出てきたので、その中からVer3.0をプレイしている動画を紹介する。聞いた話によると、青鬼はだんだんと知識をつけてきて、一度隠れてやり過ごせた場所が、次には見つけられてしまうのだとか。たんたんと無表情でひたすら追いかけてくる青鬼怖すぎワロエナイ。

どうでもいいが、ヒロシとタケシの台詞のとこの画像のクオリティが差がありすぎて吹く。

青鬼 3.0プレイ動画

https://youtu.be/jbSGQsiapHQ

青鬼 6.23動画

この先どうなるのか、さくさくプレイしている動画を見たい方はこっちが良いかも。

登場人物

ひろし、杏奈、シュン、卓郎、美香、たけし。この登場人物たちは、ノベライズ版に登場したキャラクターと同じだ。ノベライズ版でのそれぞれの正確は以下の通り。

ひろし

学年一の秀才で非科学的なものをいっさい信用していない。同級生にも敬語で話すほど真面目な性格で、常に学生服姿。

シュン

ノベライズ版の主人公。転校してきたばかりで、内向的な性格なためクラスに馴染めないでいる。ゲーム制作が趣味。

杏奈

シュンのクラスの学級委員長。昨年末に両親が事後で他界し、以降霊感が強くなる。シュンが密かな思いを寄せている。

美香

気が強い美少女。奔放に振舞うが実は寂しがり屋で、飼い猫のハートを心の拠り所にしている。卓郎に好意を抱く。

卓郎

大会社の社長の息子。イケメンの超ナルシストで、髪型を常に気にしている。表向きはサッカー好きの優等生を気取っているが、裏の顔は残忍。

たけし

大きな口を叩くが臆病者で宇宙人や幽霊などのオカルトが苦手。卓郎の腰巾着で常に付き従う。

青鬼の正体

この世のものとは思えない、奇怪な姿をしたバケモノ。正体はまったくもって不明で、Ver.6.1・6.23では卓郎、美香、たけしが青鬼に殺された直後に青鬼の姿として登場している。

制作、デジタル・フロンティア

本作では、『デスノート』『GANTZ PERFECT ANSWER』などの映画や、「メタルギアソリッド」「龍が如く」のゲームCGなど、数々の大作を手掛けた日本を代表するCGスタジオ、デジタル・フロンティアが制作を担当した。ひたすら襲いかかってくる恐ろしい青鬼をリアルなCGで見事に作り出している。さらに今作は通称”ハンペン”とファンの間で絶大な人気を誇る亜種フワッティーが遂に登場する。
フワッティー

-ホラー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。