映画を観る前に知っておきたいこと

あしたになれば。 料理好きな監督が撮る、料理をテーマにした青春映画。

投稿日:2015年1月21日 更新日:

あしたになれば タイトル

青春真っ只中!誰もが経験する甘酸っぱいあの気持ち。甲子園の舞台にやぶれ、地元の町おこしという地味な現場で起こるアツい青春の映画。小関裕太、黒島結菜、葉山奨之、瑞々しい人気若手俳優たちの三角関係から目が話せない!


  • 製作:2015年,日本
  • 日本公開:2015年3月21日
  • 上映時間:98分

予告

あらすじ

舞台はぶどう畑に囲まれた自然豊かな郊外の街、大阪府南河内市。高校2年生の大介(小関裕太)は、野球部で甲子園を目指していたが、夏の予選で負けてしまう。それが原因で気持ちも腐り、野球部から足が遠のいていた。野球のない夏休み、暇を持て余す大介だったが、ひょんなことから友人の元(葉山奨之)や、健二(小川光樹)、昭吾(山形匠)、そして隣の女子高に通う美希(黒島結菜)と玉子(富山えり子)の6名で、地元の町おこしのためのグルメコンテストに出場することになる。
最初は美少女の美希が目当てで参加していた大介たち。だが活動を続けていくうちに、徐々に料理の奥深さに気づきはじめる。それと同時に、大介と元が抱く美希への気持ちも膨らんでいく。そんな中、美希が突如練習に来なくなる。美希が抱える悩みとは・・・。果たして、彼らは無事にコンテストを迎えることができるのか。そして大介、美希、元の三角関係の行方は――。

映画を見る前に知っておきたいこと

監督、三原光尋のこれまでの経験を全て生かした集大成

青春映画を撮る事に定評のある三原光尋。同じ南河内市を舞台にした『あしたはきっと・・・』料理をテーマに観客の五感を刺激する『しあわせのかおり』『乙女のレシピ』などの作品を発表しています。本作『あしたになれば。』はそんな三原監督がおくる「料理をテーマにした青春映画」。監督自信も趣味、特技として料理を嗜むそうなので、料理映画として17歳の少年たちが発見する料理の奥深さというものにも興味が沸きます。
青春映画にありがちな派手な舞台ではなく、地元の町おこしが舞台というのも面白いですね。「シネマプロジェクト」と称して、南河内地区の地元の町が映画の製作を支援している背景が影響しているのでしょうか。

監督・キャスト

小関裕太(こせき ゆうた)/松井大介役

小関裕太『天才てれびくんMAX』2006-2008年度てれび戦士。『カルピスウォーター 「映画みたいな恋」篇』で能年玲奈と共演したり、ドラマ「ビター・ブラッド」で高橋克実の息子役としてレギュラー出演していたりと、勢いのある若手俳優。現在はドラマ「ごめんね青春!」に出演中で、来年公開予定の映画『空と海のあいだ』が控えている。ここまで青少年らしい短髪の小関裕太は新鮮かもしれない。好きな言葉は一生懸命。

黒島結菜(くろしま ゆいな)/佐々木美希役

黒島結菜沖縄県出身。ウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで”沖縄美少女図鑑賞”を受賞したことをきっかけに芸能界入り。『ベネッセコーポレーション進研ゼミ高校講座』『NTTドコモ』のCMで見たことない人はいないと思われる。映画『呪怨―終わりの始まりー』『at Home』『ストロボ・エッジ』『ストレイヤーズ・クロニクル』、ドラマ「アオイホノオ」「ごめんね青春!」などなど、精力的に活動中。

葉山奨之(はやま しょうの)/安田元役

hayama-shouno葉山奨之も『ベネッセコーポレーション進研ゼミ高校講座』『NTTドコモ』のCMでよく目にする。2014年の話題作『渇き。』での金髪の青年が印象的だった。来春から放送予定のNHK朝の連続テレビ小説「まれ」にヒロインの弟・一徹役で出演が決定している。これは人気でるかもわからんね。

-恋愛, 邦画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。