映画を観る前に知っておきたいこと

わたしは、ダニエル・ブレイク
ケン・ローチの最高傑作

わたしは、ダニエル・ブレイク

人生は変えられる。
隣の誰かを助けるだけで。

前作の『ジミー、野を駆ける伝説』(14)を最後に、映画界からの引退を表明していたイギリス社会派の巨匠ケン・ローチが、ここに来て名実ともに最高傑作を生み出した。

彼が引退を撤回してまで伝えたかったこと。それは世界中で拡大しつつある格差や貧困にあえぐ人々の現状と、助け合うことで何かを変えられるという最も普遍的なメッセージ。

実直に生きてきたダニエル・ブレイクは突然、心臓の病に襲われ働けなくなってしまった。理不尽で複雑に入り組んだ国の援助制度の前に追いつめられていくダニエルが、偶然出会ったシングルマザーのケイティとその子供たち。互いに助け合い、寄り添いながら、ダニエルもケイティ家族も希望を取り戻していく ──

何よりも映画にリアリティを優先させるローチ監督が、ダニエルに選んだのは映画初出演のコメディアン、デイヴ・ジョーンズだった。建具工の父を持ち、労働者階級出身の彼が、底辺に暮らす者の苦悩を自然な演技で滲み上がらせる。

長編映画監督デビューから50年、最もケン・ローチらしい社会派映画で堂々の2016年カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。


予告

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルに生まれて59年、ダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は大工仕事に誇りを持ち、最愛の妻を亡くして一人になってからも、規則正しく暮らしていた。しかし突然、彼を襲った心臓の病により医者から仕事を止められてしまう。

わたしは、ダニエル・ブレイク

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016

国の援助を受けようにも、理不尽に入り組んだ複雑な制度が立ちふさがる。必要な援助を受けることができないダニエルは、経済的にも精神的にも削られていくしかなかった。

わたしは、ダニエル・ブレイク

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016

悪戦苦闘する中、ダニエルが偶然出会った身寄りも仕事もないシングルマザーのケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)。二人の子供を抱える彼女を助けようとしたことから、ダニエルと家族との交流が生まれる。貧しさに人としての尊厳を奪われることなく、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。

しかし思うに任せぬ厳しい現実は、次第に彼らを追い詰めていく……


映画を観る前に知っておきたいこと

これまでケン・ローチの最高傑作とされてきたのは、アイルランド独立戦争を描いた『麦の穂をゆらす風』だった。2007年にカンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝いたこの映画が、珠玉の名作であることを疑う余地はない。しかしケン・ローチ作品の中で、この映画は異彩を放つものだった。

やはりローチ監督の真骨頂は、『レイニング・ストーンズ』(93)や『レディバード・レディバード』(94)のようなイギリス労働階級者の生活をリアルに見つめた社会派映画だ。

だからこそ、ケン・ローチの集大成となった『わたしは、ダニエル・ブレイク』での2度目のパルム・ドール受賞という快挙が、キャリア最高傑作であることを物語る。

この映画が内包する普遍的なメッセージに日本人である僕たちも共感を抱けるように、イギリス社会保障制度の現状がどうなっているかを知っておいて欲しい。

イギリス社会保障制度の現状

イギリスが国民の最低限の生活を保証する“ゆりかごから墓場まで”のスローガンを掲げ、初めて福祉国家(安全保障や治安維持などに限定するのではなく、社会保障制度の整備からも国民の生活の安定を図る国家モデル)の体制を作った1945年以来、現在のイギリス社会は最も弱者に苛酷な時代を迎えているという。

財政赤字削減を公約に掲げた英保守党デービッド・キャメロンが首相になった2010年から、5年以上に及ぶ緊縮財政(福祉、住宅手当、社会保障の削減)と福祉保障制度改革の結果、“片手に指が1本でもあれば就労可能”と皮肉られるぐらいイギリスにおける障害の認定基準は厳しくなった。

心臓に疾患を抱えた主人公ダニエルも、この制度によって困窮させられた社会的弱者の一人なのだ。

英デイリーミラー紙が2016年5月12日に報じた、頭蓋骨の半分を失って重度の記憶障害と半身麻痺を抱える男性に対し、英労働年金省(DWP)が就労可能と裁定したという事実からも、映画が取り分け不幸な人物を描いているわけではないことがわかる。これが現状なのだ。

しかも情報化された現代社会は、ダニエルのような年配者にとってはことさら優しくない。保証を受けるためにパソコンを扱う技術が要求されるというのもおかしな話だ。

これだけ毎日パソコンと顔を突き合わせている僕でも、きっと老いさらばえた頃にはついていけなくなっている。その時、パソコンのモニターがどれほど理不尽なものに映るだろうか。

戦後、疲弊しきったイギリス国民を助けるために設けられた社会保障制度が崩壊しつつある今、競争に溢れた者は沈んでゆくしかない。そして、それは誰のせいでもなく、自分自身のせいなのだ。

ローチ監督が引退を撤回してまで『わたしは、ダニエル・ブレイク』を撮った理由は、このイギリス社会の現状に警鐘を鳴らすためだが、そこにはもっと普遍的なメッセージが込められている。

隣の誰かを助けるだけで、人生は変えられる。

映画に国家の制度を変えることはできないかもしれないが、僕たちは助け合い、支え合い、時に寄り添い合うことで理不尽な世界と対峙することができるのだ。

「生きるためにもがき苦しむ人々の普遍的な話を作りたいと思いました。死に物狂いで助けを求めている人々に国家がどれほどの関心を持って援助しているか、いかに官僚的な手続きを利用しているか。そこには、明らかな残忍性が見て取れます。これに対する怒りが、本作を作るモチベーションとなりました。」

ケン・ローチ

出典:公式サイト

あとがき

これはもはや遠い国の無関係な社会問題を描いた映画ではない。人間の感情の物語だ。

僕は90年代からずっと、この監督の作品を特別な想いで見つめてきた。そう、誰にも教えたくないと思うくらいに。そんな自分だけの大切な存在、最後の心の拠り所となるのが彼の映画なのだ。しかし、ケン・ローチが映画を撮るのもこれが最後かもしれない。

この普遍的なメッセージが、もしもアカデミー賞に届くというのなら、僕はそれでも構わない。

CAST.STAFF.BACK.

DATA.STAFF.BACK.

DATA.CAST.BACK.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。