映画を観る前に知っておきたいこと

ブライドウエポン 美女格闘家の本格アクションにひたすら見惚れる映画

投稿日:2015年1月28日 更新日:

ブライドウエポン タイトル

一味違った大人の娯楽!過激で、そして刺激的。ハード&マニアックをコンセプトに大人の娯楽映画を連続公開するプロジェクト”REDBAND”。『マッド・ナース』に続く第2弾『ブライド(花嫁)ウエポン』は全米最強の女性格闘家、ジーナ・カラーノが南の島で大暴れ!


  • 製作:2014年,イギリス
  • 日本公開:2015年3月28日
  • 原題:『in the blood』
  • 上映時間:108分

予告

あらすじ

新婚旅行でカリブ海のドミニカ共和国を夫婦、エヴァ(ジーナ・カラーノ)とデレク(カム・ジガンデイ)。バギー、ボート、様々なアトラクションでハネムーンを満喫する2人。しかし、山から山へ渡る大規模なターザン・ロープで遊んでいた最中にデレクが転落。そのまま救急車で搬送されてしまう。エヴァは後を追って急いで病院に向かうが、救急車が向かったはずの病院にデレクの姿がない。そして、そのまま行方不明に・・・。エヴァは夫を探して地元警察にも相談するが、軽くにあしらわれ追い返される。
「もはや自力で探すしかない。」こうして捜索を進めるエヴァは、カリブ海のど真ん中で陰謀を企てるある地下組織に行き当たった。南の島のパラダイスを舞台に、悪の地下組織vs最強の奥さんのサバイバルが始まる―

映画を見る前に知っておきたいこと

格闘家としてのジーナ・カラーノ

近年、アメリカでは格闘技興行団体UFCの隆盛を受けて、空前の格闘技ブームが巻き起こっています。そんなアメリカ格闘技シーンにおいて、ジーナ・カラーノは強さはもちろん、その美しい見た目から特に人気のある選手。戦績はキックボクシング14戦12勝1敗1分、総合格闘技8戦7勝1敗。2008年に、ストライクフォースという団体でタイトルマッチを行って敗北。その1戦が統合格闘技では初の黒星でした。それ以来公式な試合はしておらず、その人気を活かして2011年から女優業に転身。スパイアクション『エージェント・マロリー(Haywire)』、カーアクション『ワイルド・スピード EURO MISSION』と年に1作のペースで精力的に活動をしています。『ブライドウエポン』は『エージェント・マロリー』に続く主演2作目。最強の奥さんに扮し思いっきり暴れまわります。

ジーナ・カラーノの痛快アクションにひたすら見惚れろ

ブライド・ウエポン パンチガチンコの立ち技、美しいサブミッション、ハラハラするガンアクションからカーチェイス。総合格闘技を見る人は分かると思うんですが、映画とはやっぱりリアリティが違うんですよね。パンチの腰の入り方とか、クリティカルヒットした時の相手の挙動とか。アクション映画でその辺りの挙動が怪しいと、やはり少しシラけてしまう所ですが、そこはタイトルマッチ経験もある格闘家。予告動画を見ていると、一発で前のめりに倒れるパンチを遠慮なく繰り出しています。”ジーナの活躍にひたすら見惚れるB級アクション映画”と割り切った見方をするとめちゃくちゃ面白そうな映画です。

監督・キャスト

監督:ジョン・ストックウェル

ジョン・ストックウェル女性サーファーの大会優勝を目指すスポーツ映画『ブルークラッシュ』や美しい海中映像が話題になったアドベンチャー『イントゥ・ザ・ブルー』など、海を舞台にした映画を得意としている。今回もカリブの美しい海が舞台なので、自然の映像美も見所のひとつかもしれない。スプラッタホラー、クライム系の映画もよく撮っている。

ジーナ・カラーノ:(エヴァ)

ジーナ・カラーノ格闘技を始めたのは大学時代。めちゃくちゃ太っていた自分に危機感を覚え、ダイエットのためにムエタイを始めた。キックボクシングでも破格の戦績を残し、総合格闘技はデビューから無敗のままタイトルマッチに扱ぎつけた実力者。

キャム・ギガンデット:(デレク)

キャム・ギガンデット名だたる大物と共演するも、代表的な主演作はまだない。主演ではないが重要なキャラクターである、ドラえもんで言うスネオ的な役が多い。

ダニー・トレホ:(誰役か分からないが絶対に悪役)

ダニー・トレホうわ、すごい悪人ヅラだなーと思ったあなた。侮るなかれこの人はツラだけではない。10代の頃から麻薬関係の犯罪に多くかかわり、刑務所を出たり入ったりしている。夢はプロボクサーだったが、刑務所暮らしが長く叶う事はなかった。しかし実力は確かで、サン・クエンティン刑務所内ボクシングのチャンピオン。出所後に映画ビジネス関連の人と知り合い、キャリアをスタートさせる。現在では3児の父で、麻薬中毒者更生のためのプログラムにカウンセラー等として参加していたりする。

スティーヴン・ラング

スティーブン・ラング『アバター』のマイルズ・クオリッチ大佐として有名。

-アクション, サバイバル, 洋画

執筆者:


  1. […] 嫁)ウエポン。最強の女格闘家が演じる最強の花嫁が、悪の地下組織を根絶やしにするアクション映画。予告動画では物足りない痛快なアクションにひたすら見惚れるのだ。(続きを読む) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。