映画を観る前に知っておきたいこと

劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 過去篇

投稿日:2015年1月14日 更新日:

境界の彼方

京都アニメーションが送るダークファンタジー、「境界の彼方」の劇場版。3月14日公開の過去編と4月25日公開の未来編の2部構成となっている。過去編はTVアニメシリーズの出来事を振り返るストーリーで、未来編はそれから1年後を描いた完全新作となっている。


  • 製作:2015年,日本
  • 日本公開:2015年3月14日
  • 原作:鳥居なごむ『境界の彼方』ライトノベル
  • 上映時間:86分

予告

あらすじ

絆と愛の物語

体内に最凶の妖夢・境界の彼方を宿す半妖の少年・神原秋人は、ある日放課後の屋上で今にも飛び降りそうな少女・栗山未来と出会う。彼女は呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。そして最凶の妖夢・境界の彼方を唯一倒せる存在だった。出会うべくして出会った二人はお互いに惹かれ合っていくが・・・

変わらない部室。変わらない日常。変わらない世界。そんな毎日は二人の出会いからすべて一変する。

映画を見る前に知っておきたいこと

京都アニメーション制作

京都アニメーションはアドベンチャーゲームやライトノベルを原作としたアニメを制作しているが、「AIR」「Kanon」「CLANNAD」などの作品では原作に忠実な作りが評価されていた。

しかし最近はオリジナル色を出した作品も増えてきている。「けいおん」でもオリジナルのキャラクターが追加され、アニメの独自の世界観を広げていたが、「境界の彼方」でも伊波桜、新堂愛、ヤキイモなどはアニメのオリジナルキャラクターだ。最近の京都アニメーションの評価は好みが分かれると思うが、アニメのクオリティーは折り紙付きだ。

-アニメ映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。