映画を観る前に知っておきたいこと

ラブバトル 衝撃的な官能ラブロマンス

投稿日:2015年1月31日 更新日:

「ラ・ピラート」「ポネット」などで知られるフランスの巨匠ジャック・ドワイヨンが監督、脚本を務めた官能ラブロマンス。ヒロインはは弱冠23歳にして「戦争より愛のカンケイ」で第36回セザール賞主演女優賞を受賞したサラ・フォレスティエ。共演はチャップリンの孫であるジェームス・ティエレ。二人が泥の中で肉体をぶつけ合い絡み合うシーンは衝撃的だ。


  • 製作:2013年,フランス
  • 日本公開:2015年4月4日
  • 原題:『Mes Séances de lutte』
  • 上映時間:99分

ジャック・ドワイヨンインタビュー

あらすじ

男女が泥の中で体をぶつけ合うセラピー

父の死により、彼女は葬儀と遺産整理のため故郷へ戻ってくる。そこで財産分与を巡る兄妹との確執により、彼女は自分を愛さなかった父や幼少期の不幸な記憶がよみがえり、次第に過去のトラウマに苦しめられていく。

そんな彼女は、過去に恋心を抱いた男と再会する。彼女は現実から目を背け、男に身を寄せていく。二人は奇妙なセラピーにのめり込み、その行為は回を追うごとにエスカレートしていく・・・

映画を見る前に知っておきたいこと

ポール・セザンヌの名画「愛の争い」から生まれた映画

ジャック・ドワイヨン監督が、ポール・セザンヌの名画「愛の争い」からインスピレーションを受けそこから「ラブバトル」は生まれた。ちなみに「愛の争い」とはどんな絵画かというと、森の中で何人もの男女が愛を争う様を、セザンヌ独特の荒々しく劇場的な筆触によって表現した作品だ。それはどこか暴力的で、観た瞬間に「ラブバトル」と通じる印象を受ける。映画館に足を運ぶ人はポール・セザンヌの名画「愛の争い」を一目見てほしい。
愛の争い

監督・キャスト

監督:ジャック・ドワイヨン

ジャック・ドワイヨン1997年公開の「ポネット」は日本でも記録的なロングランヒットとなった。それ以外にも多くの映画が日本で上映されている。インタビューでも語っているように日本の映画からも影響を受けている。

サラ・フォレスティエ

サラ・フォレスティエ2010年公開の「戦争より愛のカンケイ」で政治活動家であるバヤ役を演じて、第36回セザール賞主演女優賞を受賞した。

ジェームス・ティエレ

ジェームス・ティエレあのチャップリンの孫で、その才能は実に多彩だ。俳優でもありダンサーでもありアクロバットかピエロでもある。パフォーマーと言えばしっくりくるのだろうか。

-ラブストーリー, 洋画

執筆者: