映画を観る前に知っておきたいこと

【MOZU】ダルマの正体がついに明かされる!

MOZU

逢坂剛氏の累計240万部を突破したハードボイルド小説「百舌」シリーズは2014年にTBSとWOWOWの共同製作により「MOZU」として連続テレビドラマ化。「Season1〜百舌の叫ぶ夜〜」「Season2〜幻の翼〜」の続編であり、シリーズ完結編となる『劇場版 MOZU』がついに公開される。主演・西島秀俊。共演・香川照之、真木よう子。そしてテレビドラマでは明かされなかった謎の存在“ダルマ”をビートたけしが演じる。

監督はテレビドラマ同様、『海猿』シリーズを手がけた日本屈指のヒットメーカー・羽住英一郎。日本では実現不可能なド迫力シーンを撮影するためフィリピンで大規模な海外ロケを敢行し、実物を使ったガン・アクションや、公道を完全封鎖してのカーチェイス、トレーラー大爆破など劇場版にふさわしい超大スケールで物語は壮絶な結末を迎える!

テレビドラマシリーズを見てきたファンにとって、ついに“ダルマ”の謎が明かされる本作を待ち望んでいたことと思う。僕もそんな一人だ。TBSとWOWOWの共同製作から始まった「MOZU」は、テレビドラマの時点で映画のような出来で、他とは一線を画していた。普段テレビドラマを見ない映画好きでも見れる作品なので、ぜひチェックしてみてほしい。

前半は『劇場版 MOZU』を見る前に知っておきたいことを紹介し、後半では『劇場版 MOZU』やシリーズ全体の感想や解説を書いているので、「MOZU」を見る参考にしてもらえると嬉しい。


    • 製作:2015年,日本
    • 日本公開:2015年11月7日
    • 上映時間:116分
    • 原作:ベストセラー小説「百舌」逢坂剛氏

予告

あらすじ

妻子の死の謎を追う公安警察官・倉木(西島秀俊)は、大杉(香川照之) 明星(真木よう子)とともに一連の“MOZU事件”で警察内部に巣食う闇を白日のもとに晒した。しかしそれは、恐るべき謀略の氷山の一角に過ぎなかったのだ。それから……MOZUMOZUMOZU高層ビル占拠爆破とペナム大使館襲撃、二つの大規模テロが同時発生した。これらの事件は犯罪プランナー高柳(伊勢谷友介)と暗殺専門の殺し屋権藤(松坂桃李)を中心とするテログループによる犯行であった。彼らは、日本犯罪史の重大事件を影で操ってきた謎の存在“ダルマ”(ビートたけし)の名のもとに、ある犯罪計画を極秘裏に進行していたのだ。MOZUMOZU灼熱の地・ペナム共和国を舞台に、事件の真相を追う倉木達と、最後の敵・“ダルマ”との死闘がついに幕を開ける!


映画を見る前に知っておきたいこと

原作との違い

原作の小説「百舌」シリーズは、累計240万部を突破する大ヒットを飛ばしながらも“映像化不可能”と言われ続けてきた。それは深遠かつ複雑な人間関係と物語構成によるものだった。1981年の「裏切りの日日」から2002年の「鵟の巣」まで6作が執筆されており、単純にこれを映画やドラマに落とし込むことは不可能だった。しかし、TBSとWOWOWで共同製作による大掛かりなプロジェクトとして初めて映像化が可能となった。ドラマから映画へと繋げ、深遠かつ複雑な人間関係と物語構成を描き切ろうとしている。

実際、“映像化不可能”と言われ続けてきた理由を知る上でも原作を読んでみるのはおもしろいと思う。それに原作との違いが気になる人も読んで損はない。特に1981年に執筆されたこともあって、原作との違いは多いのだ。例えば、携帯やスマホはもちろんパソコンもない時代であったり、倉木がタバコを吸わないとか、大杉の良き相棒・鳴宮啓介がいないとか、倉木の妻子の名前が違うなど細かい設定も結構違う。そんな中でも最も原作と違うのが“ダルマ”が出てこないことだ。また、原作はより描写が過激で、もしそのまま映画化すればおそらくR18指定になってしまう。あまり言うとネタバレにもなってしまうのでこの辺にしておくが、ファンからすればこうした違いは気になるのではないだろうか。

そして『劇場版MOZU』は、西島秀俊が「本当に最後。間違いないです」と語る完結編なので、さらに「MOZU」の世界を堪能するにはもう小説を読むしかない。

百舌シリーズ(公安警察シリーズ)

  • 裏切りの日日(1981年)- シリーズ序章
  • 百舌の叫ぶ夜(1986年)ドラマ「Season1〜百舌の叫ぶ夜〜」の原作
  • 幻の翼(1988年)ドラマ「Season2〜幻の翼〜」の原作
  • 砕かれた鍵(1992年)
  • よみがえる百舌(1996年)
  • 鵟の巣(2002年)

西島秀俊と北野武の関係

今でこそ、ドラマやCMに引っ張りだこの西島秀俊だが、彼の役者人生は決して順風満帆だったとは言えない。21歳の時、連続ドラマ「はぐれ刑事純情派V」で俳優デビューし、93年に出演した連続ドラマ「あすなろ白書」でゲイの若者を演じたことで、そのルックスから注目を集めた。そして事務所はそれに便乗する形で西島をアイドル路線で売ろうとした。しかし、本物の役者を目指す西島は事務所と真っ向から対立し、事務所移籍とひきかえに、民放ドラマ5年間出演禁止という条件をのまされた。大手プロに逆らった見せしめに干されてしまったのだ。

それからは、97年から02年までNHKのドラマ以外はマイナーな映画のみの出演となり、世間からは忘れ去られていた。そんな西島に救いの手を差し伸べたのが、本作で初共演することとなった北野武監督だった。西島を2002年の北野映画「DOLLS」の主演に抜擢したのだ。それが転機となって、以降は出演解禁となり現在に至る。西島は干されている間も決して腐ることなく、年間300本以上の映画を見て演技を追求していた。そのストイックさと役者に対する情熱があってこその現在だが、西島にとっては北野武は間違いなく恩人だろう。そんな経緯があるので、本作での二人の初共演はとても感慨深い。

「ビートたけしさんの参加は、全身の血が沸き立つ思いです」

西島秀俊

「西島君は、おいらのラジオ時代からの熱狂的ファンで、共通の趣味もある気の合う相棒みたいなものだから、楽しい現場になりそうだね。」

北野武

TBSとWOWOWで共同製作、監督・羽住英一郎、主演・西島秀俊と香川照之「ダブルフェイス」

「MOZU」の話とは少しそれてしまうが、「MOZU」が好きな人には2012年に製作された「ダブルフェイス」というドラマをおすすめしたい。こちらがTBSとWOWOWで共同製作第1弾で、監督を務めたのは羽住英一郎、主演は西島秀俊と香川照之という「MOZU」と共通点の多い作品だ。実際、世界観も似ており「MOZU」が好きな人は間違いなくハマる作品だと思う。

西島秀俊主演の前編「ダブルフェイス 潜入捜査編」と、香川照之主演の後編「ダブルフェイス 偽装警察編」の2話構成で、麻薬密売組織に潜入する捜査官と警察官に成りすまし組織に情報を流すスパイのそれぞれの目線から描かれる。この作品のもととなったのは香港映画の『インファナル・アフェア』で、「ダブルフェイス」はリメイク版という位置づけになる。そしてリメイク版はアメリカにも存在している。マーティン・スコセッシ製作・監督、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン主演の『ディパーテッド』だ。アカデミー賞やゴールデングローブ賞も取ったので、こちらの作品は知っている人も多いだろう。しかし、僕は言いたい。「ダブルフェイス」の方がおもしろい!スリリングな展開はどちらも同じだが、「ダブルフェイス」は『ディパーテッド』よりキャラクターに入り込める人間ドラマが描かれている。正直、マーティン・スコセッシのリメイクより日本のドラマ版リメイクがおもしろいと思ったのは自分でも驚いた。

あえて「MOZU」の話に繋げるならば、TBSとWOWOWで共同製作された作品はクオリティが高く、映画を見るのと変わらないということだ。

解説・感想(ネタバレ)

ダルマの正体!

MOZU戦後日本の犯罪史において、国家に影響を及ぼすような経済事件や組織的犯罪が起きると、必ずその裏で“ダルマ”の名が囁かれてきた。いくつもの都市伝説とともに、ある人物描画が流布されているが「隠蔽工作」を担う特定の人物を指すのか、「国民監視システム」の別名なのか、「グラークα」のような極秘任務のコードネームなのか、すべてが謎に包まれている。犯罪エージェント東(長谷川博己)や津城警視正(小日向文世)や鳴宮巡査(伊藤淳史)たちがその名を語り、倉木の妻子に起きた悲劇も、裏に“ダルマ”の存在が……

と、ここまでがテレビドラマシリーズまでのダルマの存在だが、『劇場版 MOZU』では謎に満ちていたダルマの正体がついに明らかになっている。ダルマはこれまで、すべての悪を象徴したような存在として都市伝説のように語られていたが、実は実在する吉田コマオという一人の人間だった。吉田コマオは陰で日本を動かす闇のフィクサーであり、倉木の妻もその歯車の一つとして操られていた。そして娘の雫を殺したのもダルマだった。そして、それは倉木の妻を思い通りに動かすためであった。

フィクサーとは、政治や企業の決定に対し、正規の手続きを経ずに影響力を持つ人物のことを言う。そして、ダルマの正体である吉田コマオは架空の人物であるが、おそらく基となった実在の人物がいる。吉田コマオという名前にもどことなし似ているが、日本にはかつて児玉誉士夫(こだまよしお)という「フィクサー」と呼ばれた男がいる。彼は政財界に大きな影響力を持ち、中国・アメリカと暴力団の中心的仲介者でもあり、CIAエージェントでもあったと言われている。確証はないがこの男がダルマの正体である吉田コマオの原型だと思われる。

『劇場版MOZU』感想

劇場版の個人的な感想としては多くの人同様、展開が早過ぎるという印象はあった。「MOZU」の世界観を描く上で、2時間という尺は短か過ぎるという意見は否定できない。この劇場版の脚本をドラマでやれば、さらにおもしろい作品に仕上がったはずだ。ただ、尋常ではないアクションシーンは映画ならではであった。ドラマでは中々難しい海外ロケを敢行し、日本では撮影許可が絶対に下りないであろう過激な絵に仕上がっている。

内容的には非常におもしろい作品であったと思う。ダルマの正体が吉田コマオという日本の闇のフィクサーという設定も、日本では昔からそういう人物が実在していたので納得できるものであった。倉木の娘を殺したのもそのダルマであり、日本を操る歯車として倉木の妻を利用するためという動機も繋がっている。あえて語られないが、ダルマの顔のアザがこれまで夢や画像で出てきたダルマと左右逆であったことも、過去に公安が秘密裏に行った国民監視システムがロシアによって乗っ取られたという想定外のトラブルから起こっているともとれるし、すべてが一本の線になっているおもしろさはある。MOZU※上のダルマの画像と比べるとアザが左右逆なのがわかる

もっとじっくり表現すれば、様々な説が話題を呼ぶ作品になったと思う。「MOZU」を映画として評価するか、ドラマとして評価するかは非常に難しいところではあるが、実験的で挑戦的な作品であったことは間違いない。ドラマの枠を超えた映像美と圧倒的なアクションシーン、練り込まれた脚本、見るに値する要素はそろっている。個人的にはすべてドラマで見られればもっとおもしろかった気はするが、そこも含めて新しいものに触れるおもしろさというのは確実にあった。

「MOZU」シリーズ全体の感想

「MOZU」シリーズはテレビドラマの「Season1〜百舌の叫ぶ夜〜」「Season2〜幻の翼〜」から『劇場版MOZU』まで、結果的には賛否両論ある作品だった。それも納得で、シリーズを通して豪華なキャスティングとは裏腹に分かりづらい作品であった。抽象的な表現が多く用いられ、内容がはっきりしないところがあった。ただ話題のドラマを見ようという心構えで見た人にとっては肩すかしであったと思う。否定的な意見の多くも、解釈の難しさから生まれたものが多かったようだ。

しかし、シリーズ全体を通して最大の謎であったダルマが日本の犯罪や悪の象徴的な存在であることから、羽住英一郎監督はあえてその存在をぼやかして描いた。それによってダルマは悪のアイコンのような存在となり、実在するかどうかも怪しいからこそある種の神のような強大さを持った。劇場版では実際の人間としてダルマは登場するのだが、登場シーンも少なく、その最後もあっけなく拍子抜けしたという人も多かった。

羽住監督があえて具体的なエピソードを用いてダルマは過去にこのような悪事を働いてきたという表現はしなかったのだが、ここが一般層に届かなかった要因である。しかし、そこが「MOZU」のおもしろさでもある。「出口のない作品を作りたかった」という羽住監督の思惑は見事に達成されている。ダルマの存在を明確にすれば、内容はすっきりしただろうが「MOZU」のあの世界観は生まれなかった。羽住監督の意図を汲み取るようにダルマを演じたビートたけしも、ダルマはシーンの中で置物のような存在として演じたと語る。逆に言えば、そこにいるだけで存在感のある役者としてビートたけしが選ばれた。

その反面で、シリーズを通してすべての謎は回収されているので決して投げっぱなしの作品ではない。ダルマの存在から、倉木の娘が誰に殺されたのか、など気になる謎は劇場版ですべて表現されている。それでも、明星の父親がなぜ家族を捨てたのか?という細かい疑問に対しての明確な回答はなかった。羽住監督的には、そこも読み取れるように作ってあるようだが。どこまでいっても疑問が残る作品であるが、そこが同時に魅力でもある。羽住監督の中では、完全にすべてのストーリーが繋がっているのは間違いないので、後は受け手の解釈次第のようだ。

このような手法はテレビドラマとしてはかなり革新的で、途中でドロップアウトする視聴者も多かったはずだ。それを緩和するために、ダルマという原作では描かれない縦軸をストーリー全体に入れている。もともと映像化不可能と言われた小説「MOZU」シリーズだが、それは派手なアクションなど撮影の困難さではなく、ストーリーの複雑さだった。劇場版では特に邦画とは思えないほどのスケールでアクションが撮影されているが、むしろ原作ではアクションシーンは少ない。そうしたエンターテイメントとしての要素を多く盛り込みながら、ダルマという縦軸を中心に脚本を練っている辺りは、この作品の映像化の難しさを物語っている。

原作の世界観と映像ならではのエンターテイメント性、それらの中心点を見事にえぐった作品と言える。

ちなみに劇場版の公開に合わせて、「大杉探偵事務所 ~美しき標的編~」と「大杉探偵事務所 ~砕かれた過去編~」という2本のスピンオフドラマがあったが、こちらは「MOZU」シリーズの世界観とは異なった、取っ付きやすい作品となっている。「MOZU」ファンにはたまらないユーモアが随所に見られ、笑いもある。「MOZU」の世界観とのギャップがおもしろいので、見ていない人は確実に楽しめる。

狂った西島秀俊と狂った羽住英一郎のコンビ

劇場版を見終わってから映画のメイキングシーンも見たのだが、実際の撮影はもともとドラマとは思えないほどのスケールであった。特にカーアクションシーンは、西島秀俊が死んでもおかしくないと語るほど激しいものだった。このカーアクションはフィリピンで撮影されたのだが、現地の警察が全面協力し道路を完全封鎖するなど日本ではまず撮影許可が下りない規模で撮られていた。フィリピンは映画撮影に国を挙げて協力してくれる国であり、戦争映画の金字塔と言われる『地獄の黙示録』(1980)もフィリピン軍の協力のもと撮影された。フィリピンで撮影されたアクションの中でも東がロケットランチャーで倉木の乗っている車を爆破するシーンは撮影現場が騒然としていたのが印象的だった。

羽住監督は「MOZU」の撮影が終わるのを死刑宣告のカウントダウンのように感じていたという。こんな狂った撮影をできるのは後何日しかないと考えると悲しくなったと語る。メイキングの中でも、フィリピンでの撮影は一切反省しない代わりにしゃぶりつくすと話していた。「MOZU」は羽住組にとっても初めての海外ロケであったが、その言葉を聞くとあそこまでの撮影を敢行したのもうなずける。

そして、そんな狂った羽住監督が狂っていると評するのが西島秀俊である。出演しているすべての俳優が振り切った演技を見せてくれるのが「MOZU」という作品の魅力だが、その中でも西島秀俊の作品に対する思いは尋常ではなかった。インタビューなどでは、「MOZU」の撮影を2度とやりたくないとか、死んでもおかしくないとか話していたが、実際は羽住監督に日本での撮影は物足りないとぼやいていた。いかにもストイックな西島秀俊らしい発言である。

俳優もスタッフも全員が特別と語る「MOZU」だが、確かにこの作品のワンシーンごとすべてに一切の妥協を感じさせないのは素晴らしいと思う。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。