映画を観る前に知っておきたいこと

ナイトミュージアム/エジプト王の秘密 史上最大スケールのコメディ映画

投稿日:2015年1月20日 更新日:

ナイトミュージアム3 タイトル

博物館の展示物達が動き出す!あのナイトミュージアムシリーズもついに完結です。1作目はアメリカ自然博物館で展示物を動かす「アクメンラーの石版」を盗み出そうとする輩と戦い、2作目ではスミソニアン博物館でアクメンラーの石版を使って展示物を軍隊にして、世界制服をたくらむ展示物と戦いました。3作目のエジプト王の秘密の舞台はイギリス・ロンドンにある大英博物館へ。アクメンラーの石版の魔力が消滅することを防ぐために、石版の謎を解き明かすために旅にでます。


  • 製作:2014年,アメリカ
  • 日本公開:2015年3月20日
  • 原題:『Night at the Museum: Secret of the Tomb.』
  • 上映時間:97分

予告

あらすじ

ニューヨークのアメリカ自然博物館に新設されたプラネタリウムの祝賀パーティー。晩餐会では満点の星座の下で”テディ”ことセオドア・ルーズベルトが心を打つスピーチを行い、大成功・・・のはずだった。ところがテディが突然暴れだし、展示物の仲間たちまで乱入しての大騒ぎに。
パーティーの後、仲間達は何も覚えていなかった。そんな中、アクメンラーがいきなり倒れてしまう。どうやら石版に異変が起こったらしい・・・。石版が滅びれば、みんな動けなくなってしまう!ラリーはセシルたち前任の老警備員3人に相談し、秘密を解く鍵が大英博物館にあると知る。息子のニッキーと仲間たちを連れて、仲間達を救う旅が始まる。
いざイギリスへ

映画を見る前にしっておきたいこと

ぜひとも劇場で見たい大スケールのコメディ

 2006年に大ヒットした自然博物館のドタバタアドベンチャーの完結編。テレビCMなどで誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。自然博物館の展示物が夜な夜な暴れだす、あのシリーズ。
 この展示物たちがまた愛嬌があってかわいいんですよ。ティラノサウルスなんかおもいっきりじゃれてくるし、骨なのに水飲んでる(?)し、こぼれてるし。テディの愛称で登場するルーズベルト大統領はとても頼りになるお茶目さんで、モアイ像はチューイングガムが大好きで、猿は知的でいたずら好き。登場人物(?)のキャラ作りが細かくて見ているだけで楽しい気分になります。

チューインガム好きなモアイ

この作品の面白さは、設定やCG、ベタなギャグやコメディアン達の話術ももちろんそうなんですが、主人公のラリーを通して世界の有名博物館の展示物と観客が感情を交えると、見た人は実物の展示物に妙な愛着が湧くところなんだろうと思います。というのも、アメリカ自然博物館も、スミソニアン博物館も、大英博物館も、地元の人にとっては普通に子供を連れて見学に行ったり、恋人とデートに出かけたりする人気スポットなんですよね。日本からは簡単に行ける距離じゃないのでうらやましいです。
アメリカ自然博物館出典:pandapanda.meblog.biz

とは言え、これぞまさにエンターテイメントといった面白い映画ですので、もしデートやお子さん連れで映画を見に行くなら、ナイトミュージアムはおすすめですよ。レンタルや地上波じゃなく、ぜひ劇場版で見てほしい作品です。ここまで大スケールで迫力のあるコメディは他にはありませんから。

監督・キャスト

ベン・スティラー:(ラリー・デイリー)

ベン・スティラー毎度同じみベン・スティラー。俳優であり、監督であり、プロデューサーであり、脚本も書く。主にコメディの分野で活躍していますが、最近ではシリアスな作品の評価も高いようです。この作品については「今までで一番楽しく撮影できた。」「3作目をやりたいと思ったのは、このストーリー展開が気に入ったから。」「今回は1作目の雰囲気を出したいと思った。」「ハッピーエンドの保障はない。3作目ともなると、観客を驚かすことも重要になってくる。」と、これまでにない程の意気込みを語っています。

スカイラー・ギソンド:(ニック・デイリー)

スカイラー・ギソンド幼い頃から子役として活躍してきたフロリダ出身の俳優。「アメイジング・スパイダーマン1,2」に出演しています。

ロビン・ウィリアムズ:(セオドア・ルーズベルト”テディ”)

ロビン・ウィリアムズ善良なコメディキャラクターのイメージが強いが、哀愁のあるシリアスな演技から、恐怖のストーカー、果てはサイコ殺人の犯人まで個性的にこなす俳優の完成形。2014年8月に他界し、今作品は彼の遺作となりました。本当にたくさんの人に愛されていて、彼の死を悲しむ人は多いです。親しくしていたリッキー・ジャーヴェスも亡くなる直前まで、彼が問題を抱えていることを知らなかったというのですから驚きます。周りの人を常に楽しませる人だった、というロビンの人柄が感じられるエピソードですね。

ダン・スティーヴンス:(騎士ランスロット)

ダン・スティーヴンス「ダウンドン・アビー」で大ブレイクした英国王子。今後も主演作が目白押しの時の人。ケンブリッジ大学では伝統あるコメディサークル「ケンブリッジ・フットライツクラブ」に所属していた事もあります。ここにきてその経験が活きるか。ロビン・ウィリアムズと競演したことについて、「自身のキャリアの中で、彼と共演できたのは本当に光栄なこと。彼はありとあらゆる映画で人々を笑わせて、同じくらい泣かせることができた役者だ。とても寛大な人で、この仕事を始めたばかりの若者達の胸を躍らせる人だった。」と語っています。

ノドジロオマキザル:(デクスター)

デクスターデクスターはCGではなく本物の猿。霊長類の中でもかなり多様な知性を示す事で有名。類人猿以外では道具をつかうのはオマキザルくらい。

リッキー・ジャーヴェス:(マクフィー博士)

リッキー・ジャーヴィウス尊敬されるべきイギリスのコメディアン。史上最高のダウンロード数を誇るネット番組を作ったことでギネスブックに載っています。タイム誌に「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた恐るべき人です。

-コメディ, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。