映画を観る前に知っておきたいこと

【俺物語!!】「このマンガがすごい!2013」第1位に輝いた大ヒットコミックが映画化!

投稿日:2015年9月22日 更新日:

俺物語!!

「このマンガがすごい!2013」オンナ編で堂々の第1位に輝いた、累計400万部突破の大ヒットコミック「俺物語!!」。高校生離れしたイカツイ顔面と屈強な肉体を持つ男の中の漢が主人公という異色の少女漫画が、実写映画化。

高校生離れした見た目だが、純情で心の優しい主人公・剛田猛男。そのインパクトあるキャラクターのため、いったい誰が彼を演じられるのかと気を揉んだ原作ファンも多いはず。そんな剛田猛男役に、NHK朝の連続ドラマ「花子とアン」や映画「HK 変態仮面」などで幅広く活躍する鈴木亮平が挑む。本作のために、わずか一ヶ月で30kgもの増量を果たし、心身ともに猛男になり切ったその演技に注目だ。猛男が想いを寄せるピュアな女子高生・大和凛子役に永野芽郁、原作では猛男に負けず劣らずの人気を誇る友達想いのイケメン親友・砂川誠役に坂口健太郎。フレッシュで真摯な3人の共演で、原作の魅力を損なわない瑞々しい映画となっている。

かっこよさとは?人を愛するとは?猛男の漢気と優しさは、幅広い世代の共感を呼ぶこと間違いなし。世代や性別を超えて楽しめる、純情青春ラブストーリー。


    • 製作:2015年,日本
    • 日本公開:2015年10月31日
    • 上映時間:105分
    • 原作:コミック「俺物語!!」原作・河原和音、作画・アルコ

予告

あらすじ

高校生に見えないイカツイ顔面と巨体を持つ剛田猛男は、豪傑で硬派なまさに日本男児。しかし心根は優しく人情深い、実は誰よりも純粋な高校1年生だ。その風貌から女子には恐れられているが、男子からの信頼は厚かった。
俺物語!!
そんな猛男がこれまで好きになった女子は、猛男の親友でイケメンの砂川誠を好きになってしまう。砂川も素晴らしい男なので、猛男はそれも仕方がないと思っている。

ある日、猛男と砂川は街中で危機に陥っていた女子高生・大和凛子を救い、猛男は大和に一目惚れをしてしまう。後日、再び3人で会うことになったのだが、猛男はふとした大和の仕草から「大和は砂川のことが好きなのだ」と感じてしまう。落ち込みながらも大和のために砂川との仲を取り持とうとする猛男だったが……。
俺物語!!
大好きな大和のために奔走する一途な猛男、同じく一途な想いを抱えていた大和、猛男のことをいつも見守ってきた親友の砂川、大切な人のことを第一に思うそれぞれがの真心が導く、感動の結末とは?


映画を見る前に知っておきたいこと

原作「俺物語!!」が第1位を獲得した「このマンガがすごい!」とは?

「このマンガがすごい!」は、宝島社が発行するマンガ紹介ムック。大学の漫画研究会、書店員、ライター、イラストレーター、編集者、評論家、俳優、声優、放送作家、お笑い芸人、ミュージシャン、スポーツ選手、アイドル、小中学生、マンガ系の専門学校生など、有名無名問わず、70~200名前後のアンケート参加者が、前年10月1日から発行年9月30日までに単行本が発売されたタイトルの中から、最もお薦めしたい5作品をランク付けし、総合順位を決定して発表する。この手の企画には否定的な声もあるだろうが、毎年漫画ファンの間で話題となっているランキングなのは間違いない。なにより、未だ見ぬ面白い漫画を探す貪欲な読者にはありがたいものだ。

現在、「このマンガがすごい!」へランク入りすることは、その作品の発行部数に大きな影響をもたらしている。「このマンガがすごい!」本誌を筆頭に、インターネットでの口コミ、そして各地の書店特設棚での特集など、宣伝効果は計り知れない。帯にランク入りがアナウンスされることも多く、近頃ではある種、権威のようなものになっていると言っても過言ではないだろう。

ここ数年の首位受賞作品・ランク上位作品には映画化されたものも多い。「ハチミツとクローバー」「NANA -ナナ-」「DEATH NOTE」「デトロイト・メタル・シティ」「君に届け」「海街diary」「うさぎドロップ」「宇宙兄弟」「聖☆おにいさん」「ちはやふる」「モテキ」「星守る犬」「海月姫」「潔く柔く」「バクマン。」「アイアムアヒーロー」「テルマエ・ロマエ」「進撃の巨人」「銀の匙」「テラフォーマーズ」「暗殺教室」「僕だけがいない街」など、ざっと挙げただけでもこれだけの作品が映画化されており、「このマンガがすごい!」は出版業界のみならず、映画業界からも注目のランキングとなっている。

ちなみに僕が、「このマンガがすごい!」2015年度版ランキングの中で特に気に入ったのが、田島列島さんの「子供はわかってあげない」。上下巻で描かれる、甘酸っぱすぎる新感覚ボーイミーツガールは、このムックのおかげで出会えることができた愛すべき作品だ。水泳×書道×アニオタ×新興宗教×超能力×父探し×夏休み=青春、このマンガ、映画化してもきっとすごい!

-コメディ, 恋愛, 邦画, 青春

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。