映画を観る前に知っておきたいこと

王様のためのホログラム
トム・ハンクスが主演を熱望した原作

王様のためのホログラム

遠い遠い 異国の地で 気づいた。
人生は、なんとかなる!

『フィラデルフィア』(93)と『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)でオスカーに2度輝いたトム・ハンクスが、ある1冊の本を大絶賛するツイートを投稿した。それがベストセラー作家デイヴ・エガーズの『王様のためのホログラム』だった。それから4年、名優と名作の出会いが、ついに映画として結実した。

エリート人生から転落したアランに与えられたミッション。それは、砂漠の王様に最先端の映像装置“3Dホログラム”を売ること。アランに次から次へと襲いかかる異文化の嵐。けれど流れに身を任せた時、大切なものが見えてくる。人生に迷うすべての人に贈るハートフル・ストーリー!

2012年のSF映画『クラウド アトラス』に続き、再びトム・ハンクスとのタッグが実現した鬼才トム・ティクヴァが監督を務める。


予告

あらすじ

立派な車、素敵なマイホーム、美しい妻、すべては煙のように消えてしまった。何もかも失った男の名はアラン(トム・ハンクス)。かつて大手自転車メーカーの取締役だった彼は、業績悪化の責任を問われ解任されたのだ。アランは愛する娘の養育費を払うためにIT業界に転職。一発逆転を賭け、いざ地球の裏側へ!

王様のためのホログラム

© 2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD.

サウジアラビアの国王に最先端の映像装置“3Dホログラム”を売るため、はるばる砂漠の国までやって来たアラン。しかし、オフィスはただのボロテント。壊れたエアコンにつながらないWi-Fi、そこにはランチを食べる店さえない。

王様のためのホログラム

© 2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD.

抗議したくても担当者はいつも不在、プレゼン相手の国王の居場所もわからない。そのうえ上司からはプレッシャーをかけられ、ついには体も悲鳴をあげる。しかし、追い詰められたアランを助けてくれたのは、予想もしない人物だった……!?


映画を観る前に知っておきたいこと

トム・ハンクスが絶賛するほどの原作を生み出したデイヴ・エガーズとは何者なのか?

町の子供たちに読み書きを教える「826バレンシア」という組織を立ち上げるなど、本国アメリカでは活動家としても有名な彼は、常にシニカルな目線で人や現代社会を見つめる。

デイヴ・エガーズ

デイヴ・エガーズ、彼は現代アメリカ文学の旗手として、いま最も注目されている作家の一人だ。

立て続けに両親をガンで亡くした21歳のエガーズが弟を育てながら送った青春を綴った『驚くべき天才の胸もはりさけんばかりの奮闘記』(01)はデビュー作ながら、14週連続全米ベストセラーリスト入りを果たし、タイム誌ベストブック、ピューリッツァー賞ノミネート、ニューヨーク・タイムズ紙の“今年のベスト10”など、彼を一躍時代の寵児へと押し上げた。

両親の死がエガーズにとっての不幸でありながら、一方で自由を手にしたと感じる複雑な心情が描かれたこの作品は、物語をただの悲劇にも、ありきたりの感動作にも偏らせないものだった。

そして、この処女作で見せたエガーズ文学における悲喜劇の絶妙なバランス感覚は、映画の原作となった『王様のためのホログラム』でも健在だ。

映画では原作のバランスをあえて変えるように、よりコメディタッチなアプローチがされているが、すべてを失った男をユーモラスに演じるのはトム・ハンクスにとって最も得意とするところだろう。それはハンクス自身がこの原作に惚れ込み、主演を熱望したことからも感じることができる。

「この作品をほかの人にやらせるなんて僕にはできない」

トム・ハンクス

出典:cinemacafe.net

次作もトム・ハンクス主演

エガーズのもうひとつの代表作『ザ・サークル』(13)の映画化(2017年公開予定)もすでに決まっており、この作品でもトム・ハンクスが主演することが決定している(共演にエマ・ワトソン)。

『王様のためのホログラム』の翌年に刊行されたこの小説は、世界最高のIT企業“サークル”に就職した就職した若者が、検索エンジンとソーシャルメディアに翻弄され、次第にインターネットとプライベートの境界線を失っていくという、恐ろしい情報社会の未来を予見したような作品だ。

フィクションの中に現代的なリアリズムを追求するのもエガーズ文学の特徴であり、もちろん恐ろしいテーマの裏に彼らしいユーモアも見え隠れする。

2017年は、トム・ハンクス×デイヴ・エガーズのコンビが大きな話題となりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。