映画を観る前に知っておきたいこと

新宿スワンⅡ
映画化第2弾!「横浜王国編」突入!

新宿スワン2

また、戦争がはじまる。

金髪・天パーのスカウトマン、あの白鳥龍彦が帰ってくる!

和久井健の大ヒット漫画を原作にし、2015年に映画化された『新宿スワン』の待望の続編。一文無しで歌舞伎町にやってきた龍彦がスカウトマンとして成長していく姿と、ライバル秀吉の死までを描いた前作から一年、今度はバーストの横浜進出を描く「横浜王国編」を中心に展開される!

主演の綾野剛や伊勢谷友介らメインキャストに加えて、横浜を牛耳る最恐の敵・タキ役に浅野忠信、借金まみれのキャバ嬢マユミ役に挑む広瀬アリス、スカウトバトルを裏で操る全酒連会長・住友役に椎名桔平など新たなキャストを迎え、再び園 子温監督が原作以上のスケールでスカウトマンたちの熱い闘いを描き出す。


予告

あらすじ

スカウト会社・新宿バーストのエース格となった白鳥龍彦(綾野 剛)は、勢力拡大を目論む社長・山城(豊原功補)の命により、幹部の関 玄介(深水元基)と共に横浜へと送り込まれる。しかしそこは、タキと呼ばれる男(浅野忠信)が支配する難攻不落の王国だった。

新宿スワン2

早々に手荒い洗礼を受ける龍彦たち。警察やヤクザとも裏取引をするタキの謀略によって窮地に陥った新宿バーストは、龍彦を破門することで事態を回避しようとする。

新宿スワン2

「オレは歌舞伎町の番犬だ。この街守るためだったら何でもすんだよ!」

孤立無援となった龍彦は今、逆襲の狼煙をあげる!


映画を観る前に知っておきたいこと

映画化2作目となる本作で描かれる「横浜王国編」はまだまだ大きな物語の前半だが、原作の中でも「新宿スワン」の世界観が大きく広がりをみせた重要な物語だ。舞台を横浜に移したことで歌舞伎町のスカウトマンたちが本物かを試される。原作の漫画が本格的におもしろくなってきたのもこの辺りからだ。

しかし、2013年に完結した漫画をこの先どこまで映画化していくのかは気になるところだが、それ以上に映画から入った人は続きが気になるだろう。。物語はまだまだ3分の1程度、しかもここからがさらにおもしろいのでこれを機に一気読みしてみては?

もう一人の主人公・関 玄介

このシリーズまでただのイカれた男でしかなかった龍彦の先輩・関 玄介にスポットを当て、その狂気の中に男気と知性を併せ持った彼の悲哀を描き出してゆく。本作では、横浜を支配するタキと因縁浅からぬ関が最も重要な役として登場する。

実際、原作でも「横浜王国編」までは関が重要なキャラクターだと思っていなかったファンも多いのではないだろうか。しかしこの物語以降、関は「新宿スワン」の中で重要なキーを担っていくのである。

蓋を開けてみれば、裏切りや欲望が渦巻く物語の中で、最も実直で一番筋が通っているのが関という男なのだ。漫画の中で僕が最も魅力を感じたキャラクターの一人だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。