映画を観る前に知っておきたいこと

【死霊館 エンフィールド事件】世界が心霊現象の存在を認めた実話!

shiryoukan2

1977年イギリス、世界が心霊現象の存在を認めざるを得なかった戦慄の実話!この身震いも、この叫びも、すべてがリアル……

『ソウ』(04)のジェームズ・ワン監督による全米大ヒットホラー『死霊館』(13)の待望の続編。実在の心霊研究家・エド&ロレインのウォーレン夫妻が扱った事件を映画化した『死霊館』。あれから3年、ロンドン北部エンフィールドで起こった少女ジャネットと4人の子を育てるシングルマザーが遭遇した心霊史に残る“エンフィールド事件”が描かれる!


予告

あらすじ

1977年、ロンドン北部の町・エンフィールドで暮らす少女ジャネットと4人の子を育てるシングルマザーは、正体不明の怪奇音、不穏な囁き声、人体浮遊、毎日のように続くポルターガイスト現象に苦しめられていた。そして、11歳の少女ジャネットから発せられるのは72歳の男の声だった。

死霊館 エンフィールド事件

「あれは、娘に何をさせたいの?」

家族は、心霊研究家のウォーレン夫妻に助けを求める。ジャネットに取り憑く悪霊の目的は自殺?殺人?

死霊館 エンフィールド事件

その元凶を探ろうと呪われた家を調査するが、それは彼らの想像を超えるものだった!


映画を観る前に知っておきたいこと

こんな事が本当に実話なのか!?霊的な存在に確信が持てない(人一倍怖がりなので深層心理では受け入れているかもしれない)僕にとって、耳を疑いたくなるような事件……

心霊研究家・ウォーレン夫妻はその世界では有名な第一人者で、これまでに調査した事件は1万件に及ぶという。そんな中から、最も邪悪で恐ろしい事例を取り上げたのが前作の『死霊館』だった。そして、本作は世界でもポルターガイスト現象が最も長期間続いたと言われる“エンフィールド事件”を扱う。その期間はなんと2年2ヶ月に及んでいる。

実際のエンフィールド事件

さて、この“エンフィールド事件”だが、Wikipediaにも載っている。あまりに長期間続いたことから過去に最も調査されたポルターガイスト現象としても有名なのだ。

よって、音声テープや写真や動画など数々の記録が残されている。調査中に起こったポルターガイスト現象は1500以上とされ、もちろん目撃者も多数いる。その中には警察も含まれている。

しかし、それでもこの手の話は少女のいたずらだ、でっち上げと言われ中々受け入れられなかった。そこで多くの検証も成された。

例えば、11歳の少女ジャネットが野太い男の声を出すことは可能なのか?一応、この声はジャネットの仮声帯(普段の発声ではあまり使われない声帯)から発せられたことは解っている。訓練次第では不可能ではないという。

そこで、1千ポンドを礼金として「最高3時間の会話を同様の声で持続できる11歳の少女」を募集してみたが、もちろん応募者は現れなかった。それに、その声で話された内容はジャネットが決して知り得ない内容だったという。

“エンフィールド事件”をでっち上げだと主張する人たちは、実に常識的な人間だ。どこまでいっても少女のいたずらという可能性も否定できない。集団催眠という可能性も0.001%ぐらいあるかもしれない。

しかし確率論で言えば、これがポルターガイスト現象ではない可能性の方が圧倒的にゼロに近い。もはや、信じる人の方が常識人というレベルの事件なのだ。

また、この一連のポルターガイスト現象は途端に起こらなくなり“エンフィールド事件”は幕を引いている。この辺りもポルターガイスト現象の事例としては何ともリアルである……

『死霊館』シリーズはすべてが実話!

日本でここまでのポルターガイスト現象があった事例は記録としては残っていない。よってにわかには信じ難いが、ポルターガイスト現象にも世界基準というのがあるのだろう。

また、この手の心霊現象は国ごとの特徴を繁栄していることも不思議に感じる。西洋ではエクソシストのような悪魔的な存在が多いが、日本では貞子のような着物の白い女や、軍人、落ち武者などが心霊現象のアイコンである。世界中のどこでもこの手の話はあるが、例えば南米や中東には一体どんな霊がいるのかなど時折考える。

少し映画とは離れてしまうが、僕はこうした現象は人間の強い思念によるものではないのかと思っている。

人の思考や感情というのも何かしらのエネルギーであるはずなので、それがあまりに強過ぎると、そのエネルギーが特定の場所に残ってしまうのではないかと考える。これは心霊現象が国ごとの特徴を繁栄していることや、恨みが強いほどより強力な悪霊というセオリーにも当てはまる。決して死んだ人間がその場に存在しているわけではないと思っているのだが……

この映画を観ても、僕は常識人でいられるだろうか……

さあ、映画の話に戻ろう。本作は『死霊館』の待望の続編となるわけだが、2014年には『アナベル 死霊館の人形』というスピンオフも公開されている。一応、この2本が関連作品となるので予習がてらに簡単なあらすじを紹介しておく。

シリーズすべてが心霊研究家・ウォーレン夫妻が過去に扱った事件を基に描かれているので、どれも一応実話だとされている。

『死霊館』あらすじ&予告

1971年、5人の娘を持つ若いペロン夫婦は、ロードアイランド州ハリスヴィルの田舎にある、古い一軒家を購入した。しかし、念願のマイホームはポルターガイスト現象が次々と発生する。娘たちにもその危害が及び、妻のキャロリンは心霊研究家のエド&ロレインのウォーレン夫妻に助けを求めるのだった。

ウォーレン夫妻はその家に血塗られた過去がある事を突き止める。しかし、悪霊はウォーレン夫妻の想像をはるかに超えていた。

悪霊に取り憑かれて正気を失ったキャロリンが5人の娘のうち、霊が見えるクリスティーンとエイプリルを連れ出して行方不明に……

死霊館 エンフィールド事件

ウォーレン夫妻は悪霊が2人の娘を生け贄にするために連れて行ったと察し、キャロリンの夫ロジャーらとともに屋敷に駆けつける。まずはクリスティーンを救い出し、キャロリンを教会に連れて行こうとしたが、ロレインの透視によって、キャロリンを屋敷から連れ出すと死んでしまうことが判明する。

死霊館 エンフィールド事件

事態は急を要していることから、教会からの許可がないままエドが悪魔払いをすることに。激しく暴れるキャロリンは床下に閉じ込めていたエイプリルに襲いかかる。しかし、ロレインやロジャーの必死の説得により本来のキャロリンを取り戻し、悪霊は去った。

こうしてペロン家とそしてウォーレン家にもようやく平穏な日々が訪れるのだった……

『死霊館』予告編

『アナベル 死霊館の人形』あらすじ&予告

映画は若い女性2人と男性1人がウォーレン夫妻にアナベルという呪われた人形についての体験を語るシーンで始まる……

1967年初期、ジョン&ミアのフォーム夫妻は第一子を待ち望んでいた。ある日、ジョンは人形が好きなミアに探していたアンティーク人形をプレゼントする。

その日の夜、ミアはお隣のヒギンズ夫妻の家から人が襲われているような物音を耳にし、その直後にミアもプレゼントされたばかりの人形を手にした女と男の殺人鬼に襲われる。

死霊館 エンフィールド事件

ジョンと警察が駆けつけ男を殺害するが、女も人形を掴んだまま、壁に血でマークを残し自殺してしまう。犯人はお隣のヒギンズ夫妻の娘アナベルとその恋人。彼らは悪魔に関わるカルト集団の一味だった。

その後も人形にまつわる奇妙な出来事が起こり、ミアはジョンに捨てるように頼んだ。そして、娘リアが生まれたフォーム一家は新しいアパートに移ることに。ミアが荷ほどきをすると、そこにはなぜか捨てたはずの人形が……

再び繰り返される怪奇現象の危害はミアとリアにまで及ぶ。ミアはエブリンという女性と出会い、アナベルの人形による怪奇現象はリアの魂を奪うために起きていると確信する。フォーム夫妻は教会のペレズ神父を呼び、人形を教会へ持って行ってもらうが、アナベルの亡霊と悪魔のような生き物が神父を襲い、人形はどこかへ消えてしまった。

死霊館 エンフィールド事件

一方、エブリンはミアに自分の抱える過去を話す。自分にはかつてルビーという娘がいたが、過去に起こした交通事故で亡くしてしまい、罪悪感のあまり自殺を図った。しかしその時、死ぬにはまだ早いという娘の声に救われたのだと語るのだった。

ペレズ神父はジョンに今夜アナベルがリアの魂を奪いに行くと警告する。アパートではエブリンが悪魔に締め出されていた。駆けつけたジョンとエブリンがドアをこじ開けると、ミアがアナベル人形を手に窓から飛び出そうとしている。ジョンがミアを助けると、エブリンは人形を手にし、そのまま窓から飛び降りてしまう。彼女は娘ルビーの死への償いとして犠牲になることを決意したのだった。

リアはいつの間にかベビーベッドの上に戻っていた。6か月後、フォーム夫妻は再び引っ越し、それ以来アナベル人形を見ることもなかった……

死霊館 エンフィールド事件

映画は、冒頭で登場した女性の母親がアナベル人形を娘へのプレゼントとして購入するシーンで終わる。

エンディングでは「本物のアナベル人形はエドとロレイン・ウォーレン夫妻の博物館のケースに保管され、1か月に2度、神父によって人形の呪いを閉じ込めるため祈られている」というテロップが流される……

『アナベル 死霊館の人形』予告編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。