映画を観る前に知っておきたいこと

【スターウォーズ/フォースの覚醒】人類史上最大のサーガ!いよいよ新章幕開け

starwars7

いよいよ公開まで1ヶ月をきった『スターウォーズ/フォースの覚醒』。エピソード7にあたる本作は、エピソード6『ジェダイの帰還』から30年後の物語。エピソード8、エピソード9ともに2年毎に公開されることが既に決まっていて、エピソード7は新たな三部作の第一作目となる。

監督は自身もスターウォーズの大ファンだという『M:i:III』『スタートレック』のJ・J・エイブラムス。ルーク、レイア姫、ハン・ソロをそれぞれ演じたマーク・ハミルキャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードが本作にも出演する他、主人公のレイ役にデイジー・リドリー、新たなる暗黒卿と噂されるカイロ・レンにアダム・ドライバー、他主要キャラクターにジョン・ホエイガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴがそれぞれ大抜擢。

公開まで待ちきれず、色々な噂がまことしやかに囁かれる『スターウォーズ/フォースの覚醒』。今回はこれまでに発表された基本情報に加えて、エピソード1~6までの簡単なおさらい、そして嘘か本当か分からない噂の数々を改めて確認しておこう。


  • 製作:2015年,アメリカ
  • 日本公開:2015年12月18日
  • 上映時間:136分
  • 原題:『Star Wars: The Force Awakens』

予告

あらすじ

銀河帝国と反乱同盟軍の第二デス・スターを巡るエンドアの戦いから30年後。

帝国の残党が組織した新たな暫定軍事政権「ファースト・オーダー」と反乱同盟軍から派生した組織「レジスタンス」の戦いが続いていた。そんな中、レジスタンスの指導者であるレイア・オーガナは、パイロットのポー・ダメロンにある任務を言い渡す。

一方、惑星ジャクー。少女レイは、廃品回収業者として苛酷な砂漠で孤独に暮らしていた。彼女はトルーパーの脱走兵フィンと出会い、行動を共にすることになる。この出会いが、レイに予期せぬ運命をもたらすのだった。あらすじ スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒その後彼らは、ハン・ソロ、チューバッカと合流し、マズ・カナタという宇宙海賊との出会い、そして謎の人物カイロ・レンと遭遇することになる。


映画を見る前に知っておきたいこと

最初にエピソード7から見ても楽しめるのか?

スターウォーズの過去の作品を見ていないけどエピソード7を見に行っても楽しめるのだろうか。

答えはYES!スターウォーズの魅力は1本1本の面白さよりも、その壮大な世界観にある。他の作品を見たことがない、もしくは1~3しか見たことがない人でも、十分に楽しめる内容になっているはずだ。

これはプロデューサー兼ルーカスフィルムの社長であるキャスリーン・ケネディ氏のお墨付きでもある。

このシリーズでよく語られる「どれから見るか」「見てから行くべきか」などの問題は、要は『スターウォーズ』という壮大なサーガの入り口がどこになるかだけの差でしかない。

他のエピソードを見てから行けばより面白いし、見ずに行っても面白い。逆にエピソード7を見れば他のシリーズがより面白くなる。こんな風に、シリーズ全編に無限の相乗効果があるところが『スターウォーズ』の面白さでもある。

スター・ウォーズの魅力について、詳しくはコラムにまとめたので、他の作品を見てないけど面白いのかなと不安に思う人はそちらも参考にしてほしい。

映画を見る前の気になる噂

ここからは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』について公式発表されたものからまことしやかに囁かれている噂について、あれこれ語っていこうと思う。

中には真実かどうかに限らず重要なネタバレを含むものもあるので、何も知らずに見たい!という人はここでUターンだ!

ストーリーの噂

一体どんなストーリーになるのかはみんな気になっているようで、あれこれと噂が飛び交っている。その噂の中から、ある程度の信憑性があるものをいくつか紹介する。

新しい家族のストーリー

監督や主要キャラクターを演じる俳優陣からちょいちょい飛び出すこの台詞。この台詞からも「新しいスカイウォーカー家の物語だ」という噂があちこちから聞こえてくるが、公式に何かが発表されたわけではない。

スカイ・ウォーカー家の物語なのか?と質問された監督は「どうかな?それは映画を見てみないとね」と答えている。しかし、制作プロデューサーでルーカスフィルムの代表キャスリーン・ケネディは「今回もスカイウォーカー家の物語」とはっきりと発言している。

やっぱり『スター・ウォーズ』はスカイウォーカーの話であってほしい!というのがファンの期待するところ。スター・ウォーズのファンの一人でもあるJ.J.エブライハム監督だって、きっとそう望んでるに違いない!

しかし一体劇中の誰がスカイウォーカー家なのかということは、全く明らかにされていない。ハン・ソロ、レイア姫、ルークの前の世代と、レイ、そしてカイロ・レンの今回の世代の関係が一番気になるところだ。

ちなみに、少し前にルークの息子では!?と噂されていたドーナル・グリーンソンは、どうやら後に紹介するファースト・オーダーのハックス将軍を演じるようだ。

『エピソード6/ジェダイの帰還』の後、ジェダイマスターとなったルークはジェダイ騎士団復興の為に尽力しているという。エピソード7~9は、スカイウォーカー家を中心に新たなるジェダイ騎士団復興の物語になるのではないかという予想も飛び交っている。

「フォースは私の一族と共に。父がそうであり…私も…妹も…。そしてお前にも」

―ルーク・スカイウォーカー

ルークのライトセーバーを巡る物語?

ルーク ライトセーバー
ストーリーの重要なファクターと目されているルークの青いライトセーバー。エピソード4で父ダース・ベイダーに右手を切り落とされた際に失ったものだ。以来、ルークは緑のライトセーバーを使用している。

予告動画でフィンが握り締めている青いライトセーバーは、過去にルークが使っていたものではないかという噂がある。

予告編でハン・ソロが「すべて真実だ」と語っているように、ジェダイ騎士団をはじめとするフォースの力を操る存在は、30年後には実在するかどうかも分からない伝説的な存在になっていることが伺える。

その象徴となるライトセーバーが物語の中心に据えられていても不思議ではない。

そして色々と憶測が飛び交う中で、映画公開に先駆けて海外で先行発売された「カイロ・レンの喋るマスク」というものがある。こいつがまたストーリーに深く関わってくる台詞を連発するのだ。その中で特に気になるのが、「あの武器は私のものだ」という台詞。

あの武器とはライトセーバーのことか、それとも全く別のデス・スター的な超兵器のことなのか。

さらに、切断されたルークの手と思しき写真がエイブラムス監督のツイッターに意味深に投稿されるなど、これまで発表された色々な情報から、エピソード7はルークのライトセーバーを巡るストーリーなのではないかという噂が広がっている。

新キャラクターの噂

レイ

スターウォーズ エピソード7 レイ デイジー・リドリー
本作の主人公と目される女性。ハン・ソロとレイア・オーガナの娘で、カイロ・レンとは双子の兄弟だと噂されているが、詳細は明らかになっていない。『スター・ウォーズ』シリーズ初の女性主人公。

惑星ジャクーの苛酷な環境を孤独に生きるスカベンジャー(廃品回収業者)。

彼女のことについての詳細は、別ページにまとめたので参考にしてほしい。

フィン(ジョン・ホエイガ)

フィン スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒
トルーパーの姿でも登場する黒人のキャラクター。脱走兵であること以外は何も分かっていないが、悪役ではないことは確か。

“ランド・カルリシアンの息子なのでは?名字を伏せているのもそのせいなのでは?”なんて憶測も流れているが、詳細は何も語られていない。フィンを演じるジョン・ホエイガいわく、「トルーパーを着ている時は“対立”している時」らしい。

加えて、「かつてのキャラクターや物語を反映した、ユニークなストーリーを持つキャラクター。でも堅苦しくない、ユルいキャラ」だと語る。

予告動画では青いライトセーバーをもってカイロ・レンと対峙していたり、物語の重要なポジションにいることは間違いない。噂ではレイに恋心を抱いているというが、子供扱いされて相手にされていないとか。

エピソード2でクローン技術が完成していることから、クローンなのではないかと言われていたりもする。

ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)

ポー・ダメロン スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒
自信に満ち溢れた向こう見ずな若者として描かれるポー・ダメロン。レジスタンス軍に所属していて、Xウイング・ファイターのパイロットで構成されるブラック中隊の隊長。

演じるのは生まれて初めて劇場で見た映画がエピソード4で、それ以来の大ファンだと語るオスカー・アイザック。J.J.エブライムから「会いたい」と連絡を受けたときは「まさかSWじゃないよな!?」と大興奮だったようだ。

彼曰く「映画の冒頭はポー・ダメロンがジェネラル・レイアから任務を受けるところから始まる」らしい。フィンと同じくレイに恋をするも、ハン・ソロには良く思われていないらしい。

マズ・カナタ(ルピタ・ニョンゴ)

マズ・カナタ スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒
マズ・カナタの城を根城にする宇宙海賊。完全CGIで描かれるキャラクターを『それでも夜は明ける』でアカデミー助演女優賞を獲得したルピタ・ニョンゴがモーションキャプチャーで演じる。

マズ・カナタのルックスには本人も驚愕だったという。どんなキャラクターなのかは一切伏せられているが、予告編第二弾でライトセーバーを手渡しているのがマズ・カナタではないかという噂。画像はリークされたものだ。

ルピタ・ニョンゴはマズ・カナタについて「興味深い過去を持つ伝説的な存在で、ほしい情報を好きなように集めることが出来る」と語る。

宇宙海賊と言えばハン・ソロ。彼との関係も気になるところ。

カイロ・レン

カイロ・レン スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒
自作の赤い十字のライトセーバーを構えるダークサイド。ジェダイとレジスタンスを滅ぼすことに執念を燃やしている。荒々しい気性で、ダース・ベイダーの追従者として彼の行動や外見を意識して真似ている。

カイロ・レンが被っているマスクはストーリーにも非常に重要な関わりがあるようで、劇中ではその起源について彼自身の口から語られる。

ダークサイドのフォースを宿していることは間違いないが、監督の話によるとシスとは無関係だという。アダム・ドライヴァー曰く、かなり捻じ曲がった信念を持った人物。

カイロ・レンという名前はレン騎士団という組織に由来している。しかし、レン騎士団そのものがどういう組織で何を目的としているのかは全くの不明。

ハン・ソロとレイア・オーガナの息子説をはじめ、彼を演じるアダム・ドライヴァーのパイロット姿の画像が出回ったことからレジスタンスの人間だったのではないかなど、主要キャラクターの中でも特に噂の多いキャラクターである。

レイとフィンとカイロ・レンの噂

物語の重要なキャラクターであるこの3人には、特にたくさんな噂が飛び交っている。

ハン・ソロとレイア・オーガナに双生児がいるという設定は小説版のものであり、小説やコミックは正史ではないと公式発表もあることから、映画にその設定が生かされる可能性は低いとも言える。まことしやかに囁かれているレイとカイロ・レン兄弟説も飽くまで噂。

フィンについてもランド・カルリシアンかメイス・ウィンドウの血縁ではないかと噂されているが名字が伏せられている&黒人であるという理由だけで信憑性は薄い。

さらに言えば『エピソード2』でクローン技術が完全に完成していたので、彼らはクローンなのではないかという噂もある。要するに、何も分かっていないということだ。

組織の噂

ファーストオーダー

スターキラー基地
ディズニーの公式発表で、エンドアの戦いでシーヴ・パルパティーンやダースベイダーを失った銀河帝国の残党が起こした新組織「ザ・ファースト・オーダー(The First Order)」という存在が明らかにされた。

銀河帝国の影響を色濃く受けた暫定軍事政権で、シスやインクィジターは存在しないものの、フォース感応者はいるらしい。

最高指導者と呼ばれるスノークは優れたフォースのダークサイドの使い手で、カイロ・レンは彼に仕えていた。

組織の目的や規模は謎だが、これまで発表された映像で登場した朽ち果てたダースベイダーのマスクや、「あなたが始めたことを私が終わらせる」というカイロ・レンの台詞にヒントがあるのかも・・・!

画像の場所は“スターキラー基地”。ファースト・オーダーの基地として作り変えられた氷の惑星だ。この基地には、惑星どころか星系そのものを破壊することが出来る超兵器が収容されているらしい・・・。

ちなみに“スターキラー”はルークのラストネームの初期案でもある。

「ついに目覚めようとしている。感じないか?」

―スノーク

相対するはレジスタンス

X・ウィング・ファイター
「ファースト・オーダー」に対抗する組織は共和国軍ではなく、反乱同盟から派生した組織「レジスタンス(Resistance)」。事実上の指揮官はレイア・オーガナだ。

レジスタンスに所属する兵士はレジスタンス・トルーパーと呼ばれ、『ファースト・オーダー』に対してヒット・アンド・ラン戦術の軍事作戦を繰り返しているとかいないとか。

この二つの組織が果たしてどの程度の規模で、どんな戦いが繰り広げられるのか。それこそ映画を見ないと何も分からないが、この組織の対立がエピソード8、9にかけて全銀河を巻き込む大戦争に発展していくのだろう。

レン騎士団

レン騎士団
カイロ・レンの所属する謎に包まれた組織。ファースト・オーダーと手を結んでいることは確かな様だが、どのような関係なのかは明らかになっていない。

カイロ・レンのキャラクター像や信念を色濃く反映していることは間違いないだろう。騎士団というからには、ジェダイ騎士団のようにフォースの修行を受けたものだけが所属しているのかも?

あの人の噂

ルークは何してるの?

ルーク・スカイウォーカー エピソード7 フォースの覚醒
予告編にも特報動画にも出てこないルーク。ダークサイドに堕ちているのではないかという噂もあったが、一体彼は今何をしているのだろうか?

本作のルークの役所は、古代シスの墓守という噂。しかも現在だけでなく、過去から未来に至るダークサイドの亡霊達からこの墓を守っているらしい。そしてダークサイドの修行をする中でこの墓の力を解放する術を知ってしまったカイロ・レンもその墓を狙っているという。

その過程で精神的に大きなダメージを追ってしまい、完全なライトサイドとも言えない不安定な状態で登場するのではないかと言われている。

自身の力が弱っていることもあり、レイをジェダイに育てようとするも、レイはこれを拒否。ルークはレイの叔父にあたると言われてはいるが、レイとの詳細な関係は公式にはまだ明らかになっていない。

ダース・ベイダー復活!?

ダースベイダー
ある意味主人公よりも『スター・ウォーズ』のアイコン的存在であるダースベイダー。果たして彼は復活するのか!?ファンの間ではこの手の噂が尽きない。

サンディエゴのコミコンで監督が名言を避けた場面もあり、クローンで復活するとか、ロボットで復活するとか、霊体で復活するとか、やりようはいくらでもあるのでまだ可能性はゼロではない。

とは言え、正直復活させるのもどうなの?という気もする。登場の仕方にもよるが、個人的にはあれだけ劇的な最後を迎えた上にエピソード1~3で大活躍したのでもう出なくても良いと思う。

ハン・ソロ死す!?

ハン・ソロ エピソード7 フォースの覚醒
ファンの間で囁かれている噂の中には、ハン・ソロが死んでしまうという衝撃的なものも。

自分の子供を守るために敵からの攻撃を受けてしまう、ルークに殺してくれと頼むなど、噂されている死に方がまた衝撃的。もしこれが本当なら、本作の一番のクライマックスになりそう。

噂の出所の詳細は分からないが、彼を演じるハリソン・フォードがかつて「ハン・ソロはエピソード4で死ぬべきだった」と語ったことがあることが憶測を呼んだのではないかと思うが・・・。

『スター・ウォーズ』関連記事
主人公・レイのキャラクター像とデイジー・リドリーについてまとめ
スター・ウォーズ、エピソード7/フォースの覚醒 これまでに発表された基本情報まとめ
何で世界中が夢中になるの!?スターウォーズの魅力の秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。