映画を観る前に知っておきたいこと

素晴らしきかな、人生
ウィル・スミス主演で贈る、ハートフルストーリー

素晴らしきかな、人生

人生ドン底の男を救ったのは、
3人の奇妙な男女だった ──

『プラダを着た悪魔』(06)のデビッド・フランケル監督がオスカー俳優たちと贈る“人生のドン底の乗り越え方”!

6歳の娘を失ったハワードの人生は、深い喪失感に覆われたままだった。会社も私生活もうまくいかない彼の前に現れた3人の奇妙な舞台俳優。その出会いは、徐々にハワードの心に変化をもたらしてゆく ──

主人公ハワード役にウィル・スミス、同僚役にケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ、奇妙な舞台俳優役にキーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン、ジェイコブ・ラティモア。アカデミー賞受賞&ノミネート組の豪華なキャストが魅力のニューヨークを舞台にしたハートフルストーリー。


予告

あらすじ

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)は6歳の娘を亡くし、深い喪失感の中にいた。私生活だけではなく仕事にも身が入らない彼の会社は傾きかけていた。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もまた、そんなハワードと会社を心配していた。

素晴らしきかな、人生

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

ある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン、ジェイコブ・ラティモア)が現れる。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる彼らは一体何者なのか?しかしその出会いは、徐々にハワードに変化をもたらした……


映画を観る前に知っておきたいこと

主演のウィル・スミスを筆頭に、キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン、ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャら豪華キャストの共演が日本でも話題を呼ぶことは間違いない。

キャスト以外も豪華

この映画、豪華なのはキャストだけではない。制作スタッフには、『スポットライト 世紀のスクープ』を2016年アカデミー賞で作品賞・脚本賞のW受賞に導いたプロデューサー、マイケル・シュガーも加わっている。

また、デビッド・フランケル監督作品『プラダを着た悪魔』と同様、これまで数々の映画音楽を手がけてきたセオドア・シャピロが本作の音楽を担当するだけでなく、現在アメリカのチャートを賑わすロック・バンド、ワンリパブリックの「レッツ・ハート・トゥナイト」が主題歌として使われている。

この曲のミュージック・ビデオでも、ワンリパブリックの演奏の合間に映画のシーンが挿入されている。

ワンリパブリック「レッツ・ハート・トゥナイト」

評価

『素晴らしきかな、人生』は、本国アメリカではすでに公開がスタートしている。まだまだ始まったばかりでこれを鵜呑みにするのは早過ぎるが、映画批評サイトRotten Tomatoesでは120のレビューが寄せられ、支持率13%(2016年12月現在)とシビアな結果となっている。

そこまで酷評されるような作品とも思わないが、豪華過ぎる布陣で挑んだゆえの期待感、その揺り返しがこうした評価につながっているのではないだろうか。

人生に苦悩する広告マン、ハワードを悲しみに淵から救い出すために現れた、死・時間・愛を名乗る奇妙な3人の男女。彼らの正体と映画の意外なラストをどう感じるか。おそらく、この映画の評価はそこで決まる。

2017年2月25日から日本公開される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。