映画を観る前に知っておきたいこと

スウィート17モンスター
大人も共感できる青春こじらせ映画

スウィート17モンスター

誰もがこじらせて
大人になった

コーエン兄弟最大のヒット作『トゥルー・グリット』(10)で、若干14歳にしてアカデミー助演女優賞にノミネートされたヘイリー・スタインフェルドが自意識過剰で自己中心的な17歳の少女ネイディーンを熱演し、多くの共感を誘った青春映画。

また、『メッセンジャー』(09)でアカデミー助演男優賞にノミネートされたウディ・ハレルソンや、ゴールデングローブ賞主演女優賞(テレビシリーズ部門)の受賞歴を持つキーラ・セジウィックが、ネイディーンに寄り添う大人になりきれない大人として親目線の共感までを誘ってみせる。

監督は日本劇場未公開作品の『恋する履歴書』(09)で脚本を手掛けていたケリー・フレモン・クレイグ。本作が初監督作品ながら、ニューヨーク映画批評家協会賞第一回作品賞受賞を始め、いま批評家たちからも多くの支持を集めている。


予告

あらすじ

ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)はキスさえ未経験の17歳。恋に恋する少女は妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかりいた。

スウィート17モンスター

© MMXVI STX Productions, LLC.

ネイディーンにとって、たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・ リチャードソン)の存在がすべてだった。しかし、クリスタは彼女の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)と恋に落ちてしまう。

スウィート17モンスター

© MMXVI STX Productions, LLC.

何をしても敵わない兄にコンプレックスを抱いていたネイディーンは、世界にたった一人取り残されたような疎外感からとんでもない行動に出る ──


映画を観る前に知っておきたいこと

ネイディーンは強烈な個性と17歳の少女が抱えるありきたりの悩みを併せ持った魅力的なキャラクターだ。「ちょっと、助けてよ」、普段はFワード全開の悪い口からこぼれるその言葉が彼女を堪らなく愛おしくさせる。

2017年ゴールデングローブ賞で主演女優賞を惜しくも逃したヘイリー・スタインフェルドだが、今年は『ラ・ラ・ランド』の評価が異常だっただけだ。

大人も共感率100%?

映画レビューサイトRotten Tomatoesでの支持率95%は素晴らしい。ましてや批評家に17歳の少女はいないだろう。

ありきたりの答えしか返さない母親も、答えをはぐらかす教師も、この映画にネイディーンが感じる人生の不公平さを説明できる高尚な大人はいない。しかし、そこにある寄り添うだけの距離感、それは神経が過敏になった現代の親や教師がなかなか手にできない子供との心地よい距離感なのだ。

そして、それはそのままこの映画が持つリアリティとユーモアの程よいブレンドレシピとなっている。大人も割と共感できる青春映画として、批評家と映画ファンの双方から支持される作品だ。

因みに予告編で流されるビートルズの名曲は「Help」はアメリカのシンガーソングライター、ハウィー・デイによるアコースティックカバー。かつて『アイ・アム・サム』(01)で感動を彩ったこのナンバーにも、大人になった今に懐かしさを覚える人は多いのでは?

CAST.STAFF.BACK.

DATA.STAFF.BACK.

DATA.CAST.BACK.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。