映画を観る前に知っておきたいこと

灼熱
民族紛争に翻弄された3つの愛の物語

灼熱

なぜ人は愛し合うのか
なぜ人は憎み合うのか
なぜ人は殺し合うのか

1911年クロアチア紛争勃発前夜、時代の動乱に悲運をたどる恋人たち【イェレナとイヴァン】。紛争終結後の2001年、互いの民族を憎みながらも激しく惹かれあう【ナタシャとアンテ】。そして平和を取り戻した2011年、過去のしがらみを乗り越えようとする若きふたり【マリヤとルカ】。

3つの時代、2つの民族、1つの愛。それは民族紛争の悲劇を乗り越え、時代を越えて紡がれる、ひとつの愛の物語。

2015年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品され、3つの時代の異なるラブストーリーを同じ俳優が演じるという斬新な手法で見事審査員賞に輝いた。


予告

あらすじ

Episode.1
1991年 イェレナとイヴァン

灼熱

© Kinorama, Gustav film, SEE Film Pro

1991年夏。アドリア海をはさんで隣り合う2つの村。セルビア人の娘イェレナとクロアチア人青年イヴァンは、のどかな夏の景色が広がる水辺で海水浴を楽しんでいた。そんな光景の裏ではクロアチア国内での民族対立は日増しに悪化している。

二人は戦火を逃れ、明日にもザグレブへと引っ越すつもりでいた。しかし二人が会っている間に村の境界線は封鎖された。家に戻ったイェレナは、兄サーシャに激しく叱責され、家から出ないよう命じられる。

翌日、荷物をまとめてイヴァンの村へ向かったイェレナ。待ち合わせ場所の海岸沿いの広場では、イヴァンと父親らの楽隊が賑やかに演奏し、村の人々が集まってコンサートを楽しんでいた。そこへ後を追ってきたサーシャが車で乗り付け、群衆の目前でイェレナを無理矢理連れ去ってしまう。トランペットを持ったまま、走って車の後を追うイヴァン。必死で抵抗するイェレナだが、車はセルビア人の村へと入っていく。イヴァンが境界線へとたどり着いた時、セルビアの兵士たちが目の前に立ちふさがっていた。

Episode.2
2001年 ナタシャとアンテ

灼熱

© Kinorama, Gustav film, SEE Film Pro

2001年夏。紛争終結後、久しぶりに我が家へと帰郷したナタシャと母ゾルカ。戦火に焼かれた村は廃墟と化し、ナタシャの家は見る影もなかった。ゾルカは家を改修するため、修理人の青年アンテを雇う。ゾルカはアンテを気に入るが、ナタシャは兄ドラジェンを殺したクロアチア人である彼を受け入れることができなかった。しかしナタシャはそんな感情とは裏腹に、敵であるはずの男に激しく惹かれている自分に気付いていた。物静かなアンテも、若く美しいナタシャの存在を徐々に意識しはじめる。

ある日ナタシャは、彼の村にある海岸の店を修理しに行くというアンテに、自分も一緒に連れて行くよう頼む。そこはまだ紛争が始まる前、ナタシャが子どもの頃によく遊んだ思い出の場所だった。

Episode.3
2011年 マリヤとルカ

灼熱

© Kinorama, Gustav film, SEE Film Pro

2011年夏。紛争の面影もようやく消え、現代的に生まれ変わった街並み。ザグレブの大学に通うルカは友人イヴノと故郷に向けて車を走らせていた。途中でヒッチハイクの女の子たちを拾い、浮かれるイヴノの隣りで物思いに沈むルカ。

到着した海岸の店ではレイヴパーティがはじまり、たくさんの若者たちで賑わう中、ルカはひとり喧騒から離れ、実家を訪ねる……

突然帰ってきた息子を喜んで迎える両親だったが、話が過去に及ぶと、親子の間に険悪な空気が流れはじめる。かつて彼はセルビア人の恋人マリヤを妊娠させ、交際を反対する母親に仲を引き裂かれて、逃げるように故郷を後にしていた。マリヤを忘れられないルカは、今も隣り村で暮らす彼女に会いに行く決心をする。


映画を観る前に知っておきたいこと

映画の背景であるクロアチア人とセルビア人の対立には、途方もなく長い歴史が関係している。歴史的背景を知らなくても理解できる作品だが、映画に直接関係している箇所をまとめてみたので読んでもらえればと思う。少しだけ歴史を知ることでダリボル・マタニッチ監督が作品に込めた普遍的なメッセージがより輪郭を帯びてくる。

映画の歴史的背景

クロアチア人とセルビア人の対立

1918年、第一次世界大戦中にスロベニア人・クロアチア人・セルビア人たち南スラブ人による連邦国家ユーゴスラビアが誕生した。しかしこの他民族による寄り合い国家はセルビア王国を主体としたため、クロアチア人には首都の所在するベオグラードの政治をセルビア人が独占しているという不満があった。

クロアチア人とセルビア人は歴史上何度も対立してきたが、それを決定的にしたのは第二次世界大戦中のことである。

クロアチアは、第二次大戦の早い時期にナチスドイツに占領され、傀儡政権がこの地域を統治していた。クロアチア民族主義者はナチス・ドイツ同様、ユダヤ人やセルビア人を虐殺した。ナチス・ドイツがクロアチア独立国を成立させた一方で、ユーゴスラビア国王に忠誠を誓うセルビア人たちも決起した。

ユーゴスラビアにおける反ファシズム闘争は、いつの間にかクロアチア人とセルビア人の民族闘争に転化されていった。両民族は民族浄化の名の下に大量の屍を積み上げていったのだ。

第二次世界大戦が収束した1945年に生まれた第二のユーゴ(ユーゴスラビア社会主義連邦共和国)は、セルビア、クロアチア、スロベニア、マケドニア共和国、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナの6つの共和国と、セルビア共和国内の2つの自治州(ヴォイヴォディナ、コソボ)により再スタートを切ることとなった。

1991年のクロアチア独立

しかし1991年、戦前と変わらずユーゴスラビアを動かしているのが首都ベオグラードのセルビア人であることに不満を抱いていたクロアチア人の間で再び独立の気運が高まる。対するセルビア人が多く住む地域では自治州を形成すると宣言し、クロアチアからの独立を画策した。当然のことながらクロアチア政府はこれを阻止しようとし、各地でクロアチア人とセルビア人の衝突が発生した。

この紛争が映画で描かれる最初のエピソードの歴史的背景である。

クロアチア人とセルビア人は、入り乱れて暮らしていた。クロアチア人だけの村やセルビア人だけの村があったわけではない。通りの両側に建つ家々について、ここはクロアチア人の家、ここはセルビア人の家というのを村の人たちはみんな知っていた。しかし、それであからさまに差別するようなことは1991年の分離独立運動まではなかった。

クロアチア独立のその後

1995年にセルビア人勢力を一掃し、事実上の領土回復が達成されたあと、クロアチア政府は戦後復興に取り組み始めた。戦闘が行われていた時期、多くの住民は難を逃れて、他の地域に移住していたが、戦闘終結とともに、少しずつ元の家に帰り始めた。クロアチア人たちは、比較的早く帰郷したが、セルビア人たちの帰郷はなかなか進まなかった。それは、元の家に帰ることに不安があったからである。
戦争によって、クロアチア人とセルビア人の間には深い溝ができた。昨日まで何の問題もなく一緒に暮らしていたのに、民族が違うという理由だけで、いがみ合い、角突き合わせるような状態になった。果たして以前のように平和に暮らせるだろうかという懸念がセルビア人たちの間に広がっていた。

こうした紛争の爪痕が残る時代を背景に2つめのエピソードが描かれている。

戦争から20年経った2011年

クロアチア国内には、ほとんど戦闘のあとが見られなくなった。経済もほぼ戦争前の状態に戻り、主力産業である観光も活況を呈してきた。2007年には兵役が廃止され、軍隊は職業軍人だけで構成されるようになった。

しかし平和を享受できるようになった一方で、クロアチア人男性の両親は自分たちの息子がセルビア人女性とつきあうことに反対するという劇中3つめのエピソードで描かれるような差別はまだ残っている。今もなお若者たちはこうした閉鎖的な社会で生きることを余儀なくされているのだ。

映画のテーマ

さて、ようやく映画の話ができる。ここまで映画の歴史的背景に触れてきたが、作品が持つ本当のテーマは普遍的であり、民族問題を経験していない僕たち日本人にも響くものだ。

「私たちはいま、ソーシャルメディアを通し、バルカン諸国のみならず、世界中でほぼ毎日のように憎悪の感情を目にします。憎悪の矛先が他国でなければ、異なる宗教、政治戦略、性的嗜好、自分より高級な車を持つ隣人などへと向かう。自分たちと異なるものを拒絶する理由には事欠かない。なぜなら、愛や慈悲といった崇高な感情を表現するより、負の感情を吐き出すほうが簡単だからです」

「政治も過激な国家主義も決して勝者にはなれないが、人間の本質に備わる愛の力はすべてに勝る」

ダリボル・マタニッチ監督

出典 公式サイトより

マタニッチ監督の言葉からは、多くを汲み取らせてもらった。民族間の紛争から個人的なトラブルまで、他者と対立する構造を変えられるのは人間の本質にある“愛”の力だと。映画の持つ力を純粋に信じている素晴らしい監督だ。

カンヌで評価された手法

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門は、あらゆる種類のヴィジョンやスタイルをもつ“独自で特異な”作品を評価する部門となっているが、ここで高く評価されたのは3つの時代の異なるラブストーリーを同じ俳優が演じるという斬新な手法だろう。

この手法の何がすごいかと言われれば、別段そうも思わない。しかし、映画のテーマが普遍的であることがこの手法に大きな意味を与えている。

3つの時代でクロアチアの社会情勢は大きく変わっている。そんな中で人間の営みの中には変わらないものがあるということを伝える上では効果的な手法だ。あえて同じ俳優に演じさせることで、作品のメッセージに一貫性を持たせている。

しかし、この手法を使って3つのエピソードを描くのは簡単ではない。観客が物語上でも同一人物と認識してしまうと、途端に成立しなくなってしまう。監督と俳優がキャラクターの微妙な違いを追求する作業があって初めて意味を為す切り口だ。

主演のティハナ・ラゾヴィッチは本作で数々の主演女優賞を受賞し、ヨーロッパ映画界に登場した注目の新星たちに与えられる「ヨーロピアン・シューティングスター2016」に選出。将来を嘱望される若手スターの一人となった。

CAST.STAFF.BACK.

DATA.STAFF.BACK.

DATA.CAST.BACK.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。