映画を観る前に知っておきたいこと

【恋人まで1%】ザック・エフロン主演 アラサー男女のリアルな恋愛事情

投稿日:2015年8月10日 更新日:

恋人まで1%

アメリカ本国で初登場3位のスマッシュヒットを記録したラブ・コメディ。ニューヨークのアラサー男女のリアルな恋愛事情を、ハリウッド期待の若手俳優たちがハートフルに、そしてコミカルに演じる。

『一枚のめぐり逢い』に出演し、近年は新たな魅力で演技の幅を広げるザック・エフロンが主演を務める。ヒロイン役にはハリウッド大作の出演が続く傍らモデルも務める英国女優イモージェン・プーツ。さらにアカデミー賞3部門受賞の『セッション!』に主演して以降、出演オファーが殺到しているマイルズ・テラーと、『クロニクル』で一躍注目されたマイケル・B・ジョーダンも共演している。

監督は本作がデビュー作となったトム・ゴーミカン。


  • 製作:2014年,アメリカ
  • 日本公開:2015年9月19日
  • 上映時間:94分
  • 原題:『THAT AWKWARD MOMENT』
  • 映倫区分:PG12

予告

あらすじ

バーで知り合った男女→意気投合→そのままSEX→・・・で、私たちは友達?恋人?

NYに住むアラサー男子ジェイソンは、真剣な恋人を作る気はなく、気軽にセックスが出来る女子と中途半端な付き合いしかしない主義。また同僚のダニエルも、バーやクラブで知り合った女子と一夜限りの関係を貫く仲間だった。しかし、彼らの親友マイキーが妻の浮気が原因で離婚することになり、落ち込む彼のために「彼女を作らず独身でいよう!」とシングル同盟を結成した。

恋人まで1%

そんな矢先、ジェイソンはバーで出会ったエリーと意気投合。いつも通りの軽い関係のつもりが、魅力的なエリーにどんどん惹かれていってしまうのだった。そしてダニエルも、女友達のチェルシーと一線を越えた関係に。さらにはマイキーも元妻への思いを断ち切れず彼女を取り戻そうと必死。それぞれが本気の恋に陥りそうな中、シングル同盟を結成した以上、「つき合っていない」というスタンスを主張し、男の友情を貫こうとする3人だったが・・・

恋人まで1%

曖昧な関係を続けていくのにも限界が見え始め、お互いに嘘に嘘を重ねていくうちに、肝心の恋愛はおかしな方向へと進んでいくことになる。

恋人まで1%


映画を見る前に知っておきたいこと

話題の若手俳優たちが描くアラサーのリアルな恋愛事情

本作の魅力の一つは、ハリウッド期待の若手俳優たちの共演だろう。ザック・エフロン、イモージェン・プーツ、マイルズ・テラー、マイケル・B・ジョーダンの4人はそれぞれ素晴らしいキャリアを積み、今話題の若手である。

恋人まで1%

ザック・エフロン(ジェイソン役)
1987年アメリカ・カリフォルニア州生まれ。11歳から演技を始め、2006年から放送されたディズニー・チャンネルの「ハイスクール・ミュージカル」に主演し大ブレイク。2008年には劇場版が公開され、MTVムービー・アワード男優賞を受賞。その後、本作と『ネイバーズ』(14)でMTVムービー・アワード・最優秀シャツなし演技賞2連覇を果たす。

恋人まで1%

イモージェン・プーツ(エリー役)
1989年イギリス・ロンドン生まれ。モデルとしてキャリアを始め、現在はミュウミュウのモデルを務めている。2006年公開の『Vフォー・ヴェンデッタ』で映画初出演を果たす。その後は『28週後…』(07)、『フライト・ナイト/恐怖の夜』(11)などの話題作に出演し、近年は『ニード・フォー・スピード』(14)などハリウッド大作でヒロイン役を務める。東京国際映画祭で上映されたピーター・ボグダノヴィッチ監督作『She’s Funny That Way』も公開待機中。

恋人まで1%

マイルズ・テラー(ダニエル役)
1987年アメリカ・ペンシルベニア州生まれ。2010年に出演した『ラビット・ホール』でクロトルディス賞助演男優賞にノミネートされ注目を浴びる。その後『The Spectacular Now』(13・未)での演技が評価され、アカデミー賞R3部門受賞で話題になった『セッション』(14)に主演。新作にリブート版『ファンタスティック・フォー』(15)が控えている。

恋人まで1%

マイケル・B・ジョーダン(マイキー役)
1987年アメリカ・カリフォルニア州生まれ。北米大ヒットで話題を呼んだ『クロニクル』(12)に出演以降、サンダンス映画祭で作品賞&観客賞のダブル受賞を果たした『フルートベール駅で』(13)に主演し、数々の新人賞を総なめにする。リブート版『ファンタスティック・フォー』(15)など大作にも出演している。

またトム・ゴーミカン監督も本作がデビュー作と、なんとも初々しい感じがする作品だ。テーマもアラサー男女のリアルな恋愛模様なので、それがコメディでありながら意外にリアルでもある。基本的に男性目線で作られているが、男同士の会話ややり取りなんかも生々しいので女性が見ても別の楽しみ方ができると思う。

男女関係でよくある、“出会って意気投合してそのままセックスをした後の微妙な関係”は現実で体験すると色々面倒だと思うが、映画館で恋人同士で笑って見るのも楽しいと思う。ただアメリカではR指定で上映されていただけあって、意外にリアルなので笑えない瞬間もあるかも。

-コメディ, ラブストーリー, 洋画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。