映画を観る前に知っておきたいこと

ザ・コンサルタント
全米初登場No.1サスペンスアクション

ザ・コンサルタント

本業、腕利きの殺し屋。
職業、会計コンサルタント。

昼は田舎のしがない会計士の仮面を被り、夜は裏社会きっての殺し屋として巨悪に対峙する男クリスティアン・ウルフ。米国財務省を巻き込み、裏社会の金と暗部に迫り、全米初登場第1位を記録したサスペンスアクション。

2013年アカデミー作品賞に輝いた『アルゴ』(12)で主演を務めたベン・アフレックがアメリカ裏社会をたった一人で搔き回す主人公を熱演する他、『ピッチ・パーフェクト』シリーズのアナ・ケンドリック、オスカー俳優J.K.シモンズが脇を固める。

アメリカに新たなアンチ・ヒーローが誕生する!


予告

あらすじ

小さな田舎町で会計士として働く男クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)。ある日、彼のもとに大手企業からの財務調査のオファーが寄せられた。クリスチャンは調査を進めるうちに重大な不正を発見するが、なぜか依頼は一方的に打ち切られてしまう。以来、彼は何者かに命を狙われるようになった。

ザ・コンサルタント

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

しかし、クリスチャンの正体は世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋!年収1000万ドル、天才的頭脳を持ち、最強のファイターで命中率100%のスナイパーだった!!

ザ・コンサルタント

© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

彼は政府、マフィア、巨大企業を相手に危険な仕事に身を投じていく……


映画を観る前に知っておきたいこと

ベン・アフレックを主演に迎え、アナ・ケンドリックやJ.K.シモンズが共演する本作は、その話題性のままに当初の予想を大きく上回る2470万ドルを稼ぎ出し、全米興行収入初登場1位となっている。

『イコライザー』(14)を彷彿とさせる主人公の二面性、『ジョン・ウィック』(14)ばりのヘッドショットなど、王道のサスペンスアクションとして成功を収めたようだ。

評価

興行的成功の裏でその評価は見事に分かれた。映画批評サイトRotten Tomatoesでは231のレビューが寄せられ、支持率は52%となっている(2016年12月現在)。

ただこの評価は、賛否両論というわけではない。最も多く聞かれたのは、可もなく不可もなくといった感想だ。

ベン・アフレック演じる主人公クリスティアン・ウルフの二面性の秘密を過去にまつわる出来事から紐解く脚本は、張り巡らされた伏線を綺麗に回収する秀逸さを見せる。しかし、綺麗にまとめられたクリスティアンの人物像はどこか意外性に欠けており、主人公の表と裏のギャップの弱さに物足りなさが残る。

ただ、予告編でクリスティアン・ウルフの二面性を前面に押し出した煽り方がされていたため、そこを作品の肝として捉える人が多かったのも事実だろう。

CAST.STAFF.BACK.

DATA.STAFF.BACK.

DATA.CAST.BACK.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。