Lucky Now

映画を観る前に知っておきたいこと

8月公開の映画

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ

【奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ】文部科学省選定映画

これはパリ郊外の貧困層地区、荒れ果てたレオン・ブルム高校で本当に起こった実話である。 情熱的なアンヌ先生は、学校から見放された問題児たちのクラスを歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュビッツ」という難題に生徒たちは反発する。そこでアンヌ先生は、強制収...
きみがくれた物語

【きみがくれた物語】『きみに読む物語』の原作者ニコラス・スパークスの最高傑作

世界で最も読まれている恋愛小説家ニコラス・スパークス原作の映画は『きみに読む物語』(04)を始め、『メッセージ・イン・ア・ボトル』(99)『親愛なるきみへ』(10)など常にヒットを記録している。そんなニコラス・スパークス自身が認める最高傑作を『ロスト・イン・ト...
【健さん】高倉健、彼こそ本物の銀幕スター!

【健さん】高倉健、彼こそ本物の銀幕スター!

日本が生んだ稀代の映画俳優・高倉健。国内外の映画関係者20人以上の証言により高倉健の美学に迫る、映画としては初のドキュメンタリー! インタビューに答えた出演者にはあのマーティン・スコセッシを始め、ジョン・ウー、マイケル・ダグラスなど海外の大物たちが顔を揃える。...
リトル・ボーイ 小さなボクと戦争

【リトル・ボーイ 小さなボクと戦争】“ヌエーヴォ・シネ・メヒカーノ”の新世代が熱い!

“リトル・ボーイ”、それは第二次世界大戦時にアメリカが広島に投下した原子爆弾の呼び名でもある。この映画は日本とも決して無関係ではない。 8歳の白人少年ペッパーと日系人ハシモト、小さな町のはずれ者同士の友情を通して描かれる平和へのメッセージ。 メキシコの新鋭アレ...
ティエリー・トグルドーの憂鬱

【ティエリー・トグルドーの憂鬱】ケン・ローチを彷彿とさせる名作の予感

本国フランスで生粋の社会派ドラマとしては、観客動員数100万人という異例の大ヒットとなった。 思うに任せぬ現実を生きる一人の男を中心に不条理な現実をシリアスに映し出した本作は、イギリスを代表する社会派監督ケン・ローチを彷彿とさせる。 監督はフランス版アカデミー...

9月公開の映画

スーサイド・スクワッド

【スーサイド・スクワッド】最凶ヴィラン、ジョーカー参戦!

ヴィラン(悪役)たちだけで結成された特殊部隊“スーサイド・スクワッド”が世界を救う!?「DCエクステンデッド・ユニバース」から全く 新しいクロスオーバー作品が届きました。すべてのアメコミのヴィランの中でも最凶とされるジョーカーを登場させた歴史的な作品です。
More

映画コラム

紙の月

【紙の月】ラストシーンの解釈

間違いなく2014年を代表する邦画でした。映画の中で様々な解釈を生んだラストシーンについて、原作との違いに言及しながら解説しています。また、この作品を語る上で欠かせないのが宮沢りえの演技です。是非、映画を観た後に自分の解釈と照らし合わせてみて下さい。
More
Return Top