映画を観る前に知っておきたいこと

バッド・バディ!私とカレの暗殺デート
イタイ女殺し屋アナ・ケンドリック

投稿日:

バッド・バディ!私とカレの暗殺デート

殺せよ、乙女。

手に入れたのは理想のカレと暗殺能力!?ダメ男と付き合っては失恋を繰り返すマーサは、伝説の殺し屋との運命的な出会いによって、殺し屋としての素質を覚醒させる。

ザ・コンサルタント』(16)などヒット作への出演が続くアナ・ケンドリックが主人公マーサを演じ、“イタイ女子”と“殺し屋”という二つの顔を併せ持つニューヒロインとして初の本格アクションに挑む。そして、マーサが恋に落ちる伝説の殺し屋フランシス役として、インディペンデントから大作まで幅広く活躍するサム・ロックウェルが共演する。

また、超能力を手に入れた普通の男子高校生を描いた『クロニクル』(12)が低予算映画ながらも140億円超えの大ヒットを記録し、一躍脚光を浴びた気鋭の若手脚本家マックス・ランディスの最新作としても注目を集める。


予告

あらすじ

家で愛する彼の帰りを待つマーサ(アナ・ケンドリック)。しかし、ドアが開くと彼は知らない女と熱いキスを交わしながらやってくる。二股を言い訳する彼にワインボトルを投げつけ、彼女は家を後にした。ダメ男と付き合っては失恋を繰り返すマーサは、いつにも増してハイになっていた。親友のソフィ(ケイティ・ネイラ)が慰めても、モンスターのように喋って騒ぎ立てていた。

バッド・バディ!私とカレの暗殺デート

© 2016 Right Productions, LLC

翌日、そんなマーサは立ち寄ったコンビニで、フランシス(サム・ロックウェル)との運命的な出会いを果たす。出会い頭に二人がぶつかった瞬間、棚から落ちてきた大量のコンドームをフランシスは全て拾っていた。目の前の出来事についていけないマーサだが、気づけばフランシスから猛烈なアタックを受け、二人は急速に惹かれ合っていく。しかし、フランシスとのデート中に、マーサは彼の殺人現場を目撃してしまい、またダメ男にひっかかってしまったと後悔することに。

バッド・バディ!私とカレの暗殺デート

© 2016 Right Productions, LLC

フランシスへの想いを引きずったまま家に閉じこもるマーサのもとへFBI捜査官と名乗る男(ティム・ロス)が訪ねてくる。男はフランシスの写真を見せながら、殺しの依頼をする人間を殺してしまう逆殺し屋の男を探しているという。なんとマーサの理想のカレは、伝説の殺し屋だったのだ。マーサが一人悩んでいたその時、なんとフランシスが彼女を迎えにやってくる。そして、殺し屋フランシスと行動を共にしていく中で、マーサにも殺し屋としての素質が覚醒し始める……!

-アクション, ラブストーリー
-,

執筆者:


  1. 谷下豪志 より:

    いつも楽しみに拝見してます!
    サンドラブロックがやってそうな映画ですが
    アナケンドリックのキュートさが面白そうな映画ですね。
    見るのが楽しみです

  2. 今川 幸緒 より:

    いつもいつもコメントありがとうございます。

    アナ・ケンドリックがこういう役どころに挑戦することに時の流れを感じています。イタイ女殺し屋アナ・ケンドリックを経て、彼女もまたサンドラ・ブロックのような大物女優になっていくのでしょうね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。