映画を観る前に知っておきたいこと

デスノート Light up the NEW world
正統な続編第3弾!完全オリジナルストーリー

デスノート

あの事件から10年ー
これで、すべてを終わらせる。

2006年に前後編が連続で公開された『デスノート』、『デスノート the Last name』の正統な続編となる作品です。夜神ライトの死をもって決着したかに思われたデスノートにまつわる一連の事件。しかしあれから10年後の世界、再び死神によって地上にデスノートがもたらされます。

前2作が原作を基に脚色されたストーリーで構築されていましたが、今回は原作に存在しながら使われることのなかった「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで」という“6冊ルール”だけが唯一のつながりとなる完全オリジナルストーリーです。ただ、そこには原作者・大場つぐみのアイデアも盛り込まれているようです。ファンにとっては無視できないだけに、賛否両論が巻き起こる続編となるのではないでしょうか。

デスノート“オタク”の捜査官・三島に扮するのは東出昌大、竜崎には池松壮亮、紫苑に菅田将暉。譲れない“正義”を持った3人の壮絶な頭脳戦が描かれた新世界の幕開けです。


予告

あらすじ

デスノートで犯罪のない世界を目指した“キラ”こと夜神ライト。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵“L”。天才 VS 天才の対決から10年が経過したある日、世界中のネット回線がジャックされ、存在しないはずの“キラ”からメッセージが発信された。

「デスノートを手に入れろ!」

今も夜神総一郎が立ち上げた“デスノート対策本部”は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。

デスノート Light up the NEW world

© 大場つぐみ・小畑健/集英社

ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人。世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者”竜崎が“デスノート対策本部”加わり事件の解明に挑む。

デスノート Light up the NEW world

© 大場つぐみ・小畑健/集英社

地上には6冊のデスノートが存在し、すべて手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦がはじまる!


映画を観る前に知っておきたいこと

累計3000万部という驚異的なヒットで社会現象までなった漫画「DEATH NOTE」。映画化やドラマ化、そこに巻き起こる賛否両論はもはや大ヒット作の宿命かもしれません。原作者の手を離れ、作品が一人歩きしている状態もしばしば見受けられます。

本作は、2006年に前後編が連続で公開されこちらも驚異的なヒットを記録した『デスノート』、『デスノート the Last name』の正統なる続編第3弾です。前2作が原作を基に脚色していたのに対し、今回は完全オリジナルストーリーとなっています。

同じオリジナルストーリーでも、2008年に公開されたスピンオフ映画『L change the WorLd』(Lが主人公)は、ビジュアルキャラブックや小説などのメディアミックスによる商業的な戦略がファンを置き去りにしていた印象です。また、設定がまったく違うTVドラマ版もファンにとって必要だったのか疑問が残りました。そんな中、原作者・大場つぐみのアイデアも盛り込まれた本作はファンとしては無視できないところです。

そこで映画の予習の意味も含め、前2作『デスノート』と『デスノート the Last name』のあらすじを結末まで紹介しておきます。この2作だけ押さえておけば問題ないと思います。ネタバレするかどうかは自由に選べるので、結末まで知りたい人はあらすじ結末をクリックして読み進んでください。

また、あらすじの後には映画と原作の違いも簡単に整理してあります。

『デスノート(前編)』あらすじ(ネタバレ)

デスノート

© sonicch.com

警視庁刑事部部長の息子・夜神ライト(藤原竜也)は東応大学に通う秀才で、将来は父のように警察庁に入ることを志していた。ある日、自宅のPCから、警察庁の極秘犯罪ファイルを閲覧し、殺人などの大きな犯罪を犯した者が、不起訴処分になり反省の色もなく自由な生活を送っている事実を知った。自分の将来に悲観して、勉強中の法律書物を捨ててしまうライトだった。

ある日、ライトは黒い一冊のノートを拾った。

「このノートに名前を書かれた者は40秒で心臓麻痺で死ぬ」

そこには英語でこう書かれていた。ライトは子供じみたいたずらだと信じなかったが、試しに誘拐殺人犯の名前を書き込むと翌日の新聞にその男の獄中死が報じられた。ノートを手にしたことで死神リュークの姿が見えるようになったライトはデスノートが本物だと確信する。そして、自らの手で犯罪者を裁き、新世界の神になることを決意した。

やがて悪に裁きを加える存在に気付いた世間は殺し屋(=Killer)の意味から“キラ”と呼び始め、キラを神と崇拝する者まで現れはじめた。

警察組織はキラの行為はあくまでも連続殺人であるとし、事件解決のためにある人物を送り込んだ。これにより警察を裏から指揮し、数々の難事件を解決してきた世界的名探偵L(松山ケンイチ)とライト、天才対天才の正義を懸けた戦いが幕を開ける。

Click!※あらすじ結末(ネタバレ)

映画と原作の違い

  • 主人公・夜神月は「東応大学生」で「司法試験初受験合格者」という設定になっている。
  • L(エル)は「ICPOが東京に送り込んだ謎の人物」という設定になっている。
  • 日系アメリカ人FBI捜査官であるレイ・ペンバーの姓がイワマツになっている。
  • 映画オリジナルキャラクターとして、月の幼馴染で東応大学同学年の秋野詩織、キラ捜査本部の女性刑事の佐波が登場する。また、原作に出てきた刑事伊出は登場しない。
  • リューク以外の死神は一切登場しない(レム、ジェラスは後編に登場)。


『デスノート the Last name』あらすじ(ネタバレ)

デスノート the Last name

© 公式サイト

海砂がデスノートを拾うと、そこには死亡したストーカー坂城の名が書かれていた。ふと見上げると翼を持つ白い死神・レムの姿が。海砂は驚きと同時に、キラ事件のカラクリを理解するのだった。キラを崇拝する海砂は、寿命の半分と引き換えに“顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える死神の目”を手に入れ、ライトに近づこうとする。

一方、Lにキラだと疑われるライト。死神リュークはライトに「死神の目を持てば、Lの本名が分かる」と囁く。

そんな折、さくらTVが“第2のキラ”を名乗る者からのメッセージを放送した。捜査本部の模木がさくらTVの放送を中止させようとすると、心臓発作で倒れてしまう。第2のキラは、邪魔者を容赦なく殺していった。これを見たLは、第2のキラは顔を見ただけで相手を殺せると判断する。

さくらTVを通してキラの正体がライトだと突き止めた海砂は、突然ライトの部屋へ押しかける。死神の目を持つ海砂を部屋に通すしかないライト。海砂の扱いに手をこまねいていると、海砂は自分のデスノートを渡し「不要になれば私を殺してもいい」とライトに告げる。

海砂は3年前に家族を強盗犯に殺された被害者であり、無罪となった犯人を裁いたのがキラ、ライトだったのだ。こうしてライトはLを殺す切り札を手に入れた。

Click!※あらすじ結末(ネタバレ)

映画と原作の違い

  • 高田清美の所属するテレビ局がNHNではなく、さくらTVになっている。
  • ライトと高田清美は原作では大学の同級生だが、本作では面識が無く、高田のほうが年上とい設定。
  • 映画オリジナルキャラクターとして、さくらTVのトップキャスターの西山冴子、社員の1人の吉野綾子が登場する。
  • 原作に登場したヨツバグループ、アイバーとウエディなどは登場しない。
  • 出目川の名前は仁ではなく、裕志。
  • 夜神総一郎の肩書は、警察庁刑事局局長ではなく、警視庁刑事部部長。
  • 前編同様、リュークとレム以外の死神は登場しない(ただし、ジェラスは原作同様回想シーンに登場する)。
  • 模木と宇生田のキャラクター設定が入れ替わっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。