映画を観る前に知っておきたいこと

一週間フレンズ。
途切れる記憶をつなぐ想い

一週間フレンズ。

7日間しか記憶がもたない君を
僕は好きになった。

月刊ガンガンJOKERで2012年から2015年まで連載された葉月抹茶の人気コミックを、川口春奈と山崎賢人をW主演に迎え映画化した純愛ラブストーリー。

『赤い糸』(08)でも運命に翻弄される高校生を描いた監督・村上正典が、一週間で相手のことを忘れてしまう記憶障害のヒロインと、彼女を必死に守ろうとする青年の純粋な想いを映し出す。

高校生のせつない愛を描き、テレビアニメや舞台にもなった葉月抹茶の人気コミックを、川口春奈&山崎賢人主演で映画化したラブストーリー。一週間で相手の事を忘れてしまう記憶障害をもつヒロインと、彼女を必死に守ろうとする青年の純粋な思いがつづられる。監督は『赤い糸』でも運命に翻弄される高校生を描いた村上正典。


予告

あらすじ

高校2年の長谷祐樹(山崎賢人)は、同級生・藤宮香織(川口春奈)に初めて出会った日から心惹かれていた。思い切って「友達になって下さい」と彼女に声を掛けた祐樹。それを頑なに拒もうとする香織。実は彼女には、“友達のことを一週間で忘れてしまう”という記憶障害があった。

一週間フレンズ。

© 2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

それでも香織の側にいたいと願う祐樹は毎週月曜日、香織の記憶がリセットされる度に彼女に会いに行くのだった。やがて二人は交換日記を始め、少しずつ距離を縮めていく。

一週間フレンズ。

© 2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

ある日、香織の過去を知る中学時代の同級生・九条一(上杉柊平)が転入してくる……


映画を観る前に知っておきたいこと

葉月抹茶による原作コミックは150万部を記録し、アニメ化に舞台化までされている。そんなベストセラー漫画に相応わしい監督が本作を手がける。

村上正典

映画監督よりかは、TVドラマの演出家としてのキャリアがはるかに長い村上監督。彼が手がけたドラマ作品は、『1リットルの涙』(05)のよな感動作から東野圭吾のミステリーまで、実に多彩だ。僕が好きな『白い巨塔』(03)なんかも彼の演出だった。

村上監督が初めて映画を撮った『電車男』(04)のような大衆向けなタッチは、多くの人が感動した本作の原作とは相性が良いはずだ。ドラマを見るような感覚を誘う映画に仕上がっている。

キャスト紹介

一週間ごとに記憶を失っていくというヒロイン香織、そんな難役に挑んだ川口春奈。そして香織に必死に想いを伝えようとする祐樹を熱演した山崎賢人。二人がそれぞれが演じるキャラクターに愛着を持って、シンクロしていくような芝居は瑞々しさに満ちている。

川口春奈

2007年、ファッション誌「ニコラ」のモデルとしてデビューすると、2009年にはTVドラマ『東京DOGS』で女優デビュー。翌年には『初恋クロニクル』(10)でドラマ初主演、さらにその翌年のドラマ『桜蘭高校ホスト部』でも主演に抜擢されると、そのまま劇場版で映画初主演も飾った。

2016年には、日本が世界に誇る名匠黒沢 清監督の映画『クリーピー 偽りの隣人』に出演するなど、順調に女優としてのキャリアを積み上げている。

「香織という役は本当に難しくて、過去のトラウマや病気と闘いながらも人の温かさにふれて、不安の中、前向きに生きている女の子だと思いました。だけど、決して可哀想な子だとは思わず、香織の成長物語だと思うので、気持ちの変化や表情や仕草、細かいところまで丁寧に演じようと思い没頭しました」

川口春奈

出典:cinemacafe.net

山崎賢人

2010年、TVドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビューを飾ると、翌年には『管制塔』(11)での映画デビューが同時に映画初主演となった。2015年には『ヒロイン失格』『orange―オレンジ―』でその年の日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

テレビ、舞台、映画と幅広く活躍する彼が、2017年には少年漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の映画化で主演が決まっている。あの男らしい東方仗助を彼がどう演じるのか、注目が集まる。

「諦めずに、一生懸命になれば何かが変わる、思いは伝わる。そんなことを感じてもらいたいです。全力で走り回って、汗をかいて、空気を読むということが良いとされてる世の中で、自分で空気を変えていく。真っ直ぐで、思いやりがあり、憎めない。そんなやつになれば良いなと思い演じさせてもらいました」

山崎賢人

出典:cinemacafe.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。