映画を観る前に知っておきたいこと

パージ:アナーキー
進化するエクストリーム・スリラー

パージ:アナーキー

最恐の12時間再び。

1年に一晩だけ、殺人を含むすべての犯罪が許される法律。無法地帯となった街で迫られる選択は、逃げるか、戦うか!?

『パラノーマル・アクティビティ』シリーズの製作ジェイソン・ブラムと『トランスフォーマー』シリーズの監督マイケル・ベイがプロデュースする新感覚エクストリーム・スリラー。世界興行収入が累計300億円を超える大ヒットシリーズの第2弾。

主演に『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(14)のフランク・グリロを迎え、監督は前作『パージ』(13)に引き続きジェームズ・デモナコが務める。


予告

あらすじ

経済が完全に崩壊したアメリカ。“新しいアメリカ建国の父たち”を名乗る政府によって全体主義的な統治が敷かれ、「1年に一晩(12時間)だけ、殺人を含む全ての犯罪が合法になる」という法律パージが定められていた。警察・消防・医療などの救急サービスは全て停止するこの夜に、国民は溜まった鬱憤を解き放つのだ。

パージ:アナーキー

© Univesal Pictures

2023年、6度目のパージの夜が訪れる。病気の父を持つシングルマザーのエヴァ(カルメン・イジョゴ)と娘のカリ(ゾーイ・ソウル)は、セキュリティもない貧民街でその夜をなんとかやり過ごそうと考えていた。しかし、家に侵入してきた謎の特殊部隊によってエヴァたちは拉致される。そこにパージに乗じて復讐を企んでいた男レオ(フランク・グリロ)がたまたま通りがかり、彼女たちを救い出す。

パージ:アナーキー

© Univesal Pictures

夫婦仲が冷め切ったシェーン(ザック・ギルフォード)とリズ(キエレ・サンチェス)は車がパンクし、今夜のパージに興じるとみられる輩に絡まれていた。彼らもまた、レオやエヴァたちに偶然助けられる。暴徒や謎の特殊部隊に追われる5人は、協力してパージの夜を乗り切ろうとするが……


映画を見る前に知っておきたいこと

殆ど密室スリラーだった前作『パージ』は、「1年に一晩だけ、殺人を含むすべての犯罪が許される法律」という設定の持つ危険な部分、人間の暴力性を全面に押し出したストーリーだった。それ故、政治的なリアリティの欠如を指摘されたが、この続編では自らそこにメスを入れる。

進化するエクストリーム・スリラー

前作はパージの夜を富裕層の視点から描いていたのに対し、本作では標的とされる貧困層の男レオが主人公となる。

事故で息子を亡くした彼は、加害者に復讐するため、完全武装でパージの夜を迎える。しかし、復讐を至上とする男の暴力性は、パージの標的となった者を救うために解放されていく。そんなレオがパージの夜に便乗して本当に復讐を果たすのか。それは映画の大きな見どころである。

なぜなら、パージの夜に殺戮に興じる者と仕方なくやり過ごす者しかいなかった前作とは違い、レオの中にある人間性が、“新しいアメリカ建国の父たち”によって洗脳された大衆の外側にあるからだ。そして、彼の存在以外にも、真っ向からパージ法に背を向ける者たちまで登場する。

貧困層の視点から描かれるこの続編は、ついにシリーズの核心部であるパージ法の真の目的を掘り下げていく。そこにある全体主義の恐ろしさは、もはやスリラーの恐怖では収まらない。

続くシリーズ第3弾『パージ:大統領令』は、パージに異を唱える女性議員が大統領選に出馬するという更なる核心に迫る内容だ。

CAST.STAFF.BACK.

DATA.STAFF.BACK.

DATA.CAST.BACK.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。