映画を観る前に知っておきたいこと

【君の名は。】ポスト宮崎駿!新海誠とは!?

君の名は。

まだ会ったことのない君を、探しているー

夢の中で”入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語。世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる”距離”のドラマを圧倒的な映像美とスケールで描き出す。

『秒速5センチメートル』(07)『言の葉の庭』(13)など意欲的な作品を数多く作り出してきた気鋭のアニメーション映画監督・新海誠。精緻な風景描写とすれ違う男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉によって紡ぎ出す彼には早くも”ポスト宮崎駿”の呼び声も。現在、公開8日間で動員212万人&興収27億円突破となった本作でその地位が不動のものとなることは間違いない。

作画監督に『千と千尋の神隠し』(01)など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた安藤雅司。キャラクターデザインに『心が叫びたがってるんだ。』(15)などで新時代を代表するアニメーターとなった田中将賀。

日本最高峰のスタッフによってアニメーションの新時代が幕をあける。


予告

あらすじ

日本は千年ぶりとなる彗星の接近が一ヶ月後に迫っていた。

山深い町に暮らす女子高校生・三葉は日々を憂鬱に過ごしていた。家系の神社の古き風習や町長である父の選挙運動。
君の名は。

© 2016「君の名は。」製作委員会

小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださ―い!!!」

ある日、三葉は自分が男の子になる夢を見た。見知らぬ友達に見覚えのない部屋、そして目の前には東京の街並が広がっていた。憧れの都会暮らしを思いっきり満喫する三葉だった。

一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も不思議な夢を見ていた。行ったこともない山深い田舎町と女子高校生の自分。
君の名は。

© 2016「君の名は。」製作委員会

奇妙な夢が何度も続くうちに、明らかに抜け落ちている記憶と時間に二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

繰り返される入れ替わる身体と生活。戸惑いながらも、現実を少しずつ受け入れる瀧と三葉はお互いにメモを残し、意思の疎通を図る。時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、そんな状況を乗り切っていく。しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。
君の名は。

© 2016「君の名は。」製作委員会

自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行くことを決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

君の名は。

© 2016「君の名は。」製作委員会

君の名は。

© 2016「君の名は。」製作委員会

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた。出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す……


映画を観る前に知っておきたいこと

新海監督の第8作目となったこの作品は、公開8日間で動員212万人&興収27億円突破という驚異的なスタートとなりました。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの新海監督は、すでに”ポスト宮崎駿”との呼び声も聞こえています。これから間違いなく日本のアニメーションを担っていく監督です。

そこで、彼の現在地を知るために過去の監督作品を一挙に紹介しておきたいと思います。初期の短編2作は動画もあるのでそちらを是非観てください。

また、最新作『君の名は。』は原作以外の関連書籍も多数出版されており、その世界観に拡張性が用意されています。混乱しないようにそれぞれの書籍の内容を簡単に整理しておきます。

監督・新海誠

新海誠

© MANTAN WEB

新海誠監督の処女作とされるのが1997年制作した1分30秒ほどの短編アニメーション『遠い世界』。そして、1999年に制作された5分弱の短編『彼女と彼女の猫 Their standing points』まで、彼は日本ファルコムの社員として、パソコンゲームのオープニングムービーを制作する傍らで自主制作を行っていた。

2000年に日本ファルコムを退社し、初期から5作目となる2007年の『秒速5センチメートル』まで監督・脚本・演出・作画・美術・編集などほとんどの作業を新海監督が一人でこなしている。そのクオリティの高さからは想像しがたいこの事実が、初期から一部に熱烈なファンを生み出した。新海監督の現在地が当然の結果だと感じているファンもいるはずだ。

ほぼ全ての製作に自身が携わる新海監督は、大手とは組まず、アニメ製作会社コミックス・ウェーブ・フィルムに所属し、今も少数精鋭で独自の創作活動を続けている。

新海監督作品が国内外で高く評価されるのは、風景描写の緻密さによる映像美、繊細な言葉選びによる男女の距離感である。それらはみずみずしいイノセンスとなって観客に入り込んでくる。

新海監督は『君の名は。』で、いよいよ日本のアニメーターの頂上に登ろうとしている。

「思春期の困難な時期に、風景の美しさに自分自身を救われ、励まされてきたので、そういう感覚を映画に込められたら、という気持ちはずっと一貫して持っている」

新海誠監督

© Wikipedia


過去の新海誠監督作品

1998年『遠い世界』

1997年に2週間ほどで制作した新海監督の処女作とされる作品。まだ新津誠とクレジットされている辺りに初々しさも。しかし、1分30秒ほどの短編の中に新海監督らしい男女の距離感を感じることができる。

『遠い世界』受賞歴

  • eAT’98
    特別賞

1999年『彼女と彼女の猫 Their standing points』

「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」完全版(DVD)都会で一人暮らしをする彼女と、偶然彼女に拾われた一匹の猫の物語。新海監督が日本ファルコムに勤めながら自主制作した5分弱のモノクロアニメーション作品。2016年3月にTVアニメとして「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」のタイトルで放送された。1話約8分で全4話の物語は物語は自主制作版の冒頭へつながるように演出されている。現在発売されている完全版(DVDとブルーレイ)には新規カットと新しいオープニング映像を加え、TVアニメ、自主制作版まですべてが収められている。

『彼女と彼女の猫 Their standing points』受賞歴

  • 第12回CGアニメコンテスト
    グランプリ

2002年『ほしのこえ』

ほしのこえ [DVD]携帯電話のメールをモチーフに、宇宙に旅立った少女と地球に残った少年の遠距離恋愛を描いた。監督・脚本・演出・作画・美術・編集などほとんどの作業を新海監督一人で行った約25分の短編フルデジタルアニメーション。

2002年『ほしのこえ』受賞歴

  • 第1回新世紀東京国際アニメフェア21
    公募部門優秀賞
  • 第7回アニメーション神戸
    作品賞・パッケージ部門
  • 第2回日本オタク大賞
    「トップをねらえ!」賞
  • 第6回文化庁メディア芸術祭
    特別賞
  • 第8回AMD AWARD
    Best Director賞
  • デジタルコンテンツグランプリ2002
    エンターテイメント部門・映像デザイン賞
  • 第34回星雲賞
    メディア部門
    アート部門

2004年『雲のむこう、約束の場所』

雲のむこう、約束の場所 [DVD]新海監督初の劇場長編となった作品。日本が南北に分断され、青森が米軍の統治下に置かれるという、もうひとつの戦後を映し出した青春物語。前作に続き、監督・脚本・演出・作画・美術・編集を自らが手がけ、国内外で高い評価を受けた。

『雲のむこう、約束の場所』受賞歴

  • 東京国際アニメフェア2003
    表現技術賞 ※パイロット版にて
  • カナダファンタジア映画祭
    アニメーション映画部門銀賞
  • 第36回星雲賞
    アート部門
  • 第59回毎日映画コンクール
    アニメーション映画賞
  • 韓国SICAF2005
    “Feature Film(長編映画)”部門優秀賞

2007年『秒速5センチメートル』

秒速5センチメートル [Blu-ray]誰もが通り過ぎゆく日常を切り取った切なくも美しいラブストーリーは、新海監督作品らしい映像美を踏襲しつつも、これまでの作品に見られたSF要素を排除し、現実現実を舞台とした。一人の少年を軸に、ヒロインとの再会の日を描いた『桜花抄』、別の人物の視点から描く『コスモナウト』、そして彼らの魂のさまよいを切り取った『秒速5センチメートル』という三本の連作アニメーション。この時はまだ監督・脚本・演出・作画・美術・編集などほとんどの作業を新海監督が一人でこなしていた。

『秒速5センチメートル』受賞歴

  • アジアパシフィック映画祭
    “Best Animated Feature Film(最優秀アニメ賞)”
  • イタリアフューチャーフィルム映画祭
    ランチア・プラチナグランプリ

2011年『星を追う子ども』

劇場アニメーション『星を追う子ども』 [DVD]ヒロインがたどる未知の場所への冒険を通して、この世界の美しさや輝きを紡ぎ出す。この頃にはすでに熱烈なファンを獲得していた新海監督作品だったが、ファンタジー要素やアクションシーンなど、新たな境地を感じさせた。新海監督が「日本のアニメの伝統的な作り方で完成させてみる」ことを目指したという意欲作。随所に宮崎駿作品へのオマージュが散りばめられている。

『星を追う子ども』受賞歴

  • 第8回中国国際アニメフェア
    「金猴賞」優秀賞
  • 東京国際アニメフェア2012
    アニメアワード美術賞

2013年『言の葉の庭』

劇場アニメーション『言の葉の庭』 Blu-ray 【サウンドトラックCD付】現代の東京を舞台に、男子高校生と生きることに不器用な年上の女性の淡い恋の物語を繊細なタッチで映し出した。トータル12万人以上を動員し、最終興収は推定1億5000万円という新海監督作品の中で最大のヒットとなった。最新作『君の名は。』の大ヒットへとつながる試金石とも言える作品。

『言の葉の庭』受賞歴

  • カナダファンタジア映画際
    審査員賞“Satoshi Kon Award”
    観客賞“Audience Award(最優秀劇場アニメーション)”
  • 第18回アニメーション神戸
    作品賞
  • iTunes Best of 2013
    今年のベストアニメーション選出
  • 第21回ドイツシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭 
    長編映画部門「AniMovie」最優秀賞

原作と関連書籍

原作小説「君の名は。」

小説 君の名は。 (角川文庫)監督の新海誠自らが書き下ろした原作小説は劇場公開に先駆けて発売され、すでに50万部を突破している。

児童文学「君の名は。」

君の名は。 (角川つばさ文庫)原作小説には、児童文学版も存在している。ふりがなや挿絵が加えられ、子供にも親しみやすくなっている。映画の原作としては小説とこの児童文学版の2冊だけである。

小説「君の名は。Another Side:Earthbound」

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)三葉と瀧を取り巻くキャラクターたちを掘り下げた、スニーカー文庫だけの特別編。原作者・新海誠公認のオリジナルストーリーとなっている。

漫画「君の名は。」

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)映画や小説とは違った角度から楽しめる、「月刊コミックアライブ」で連載中のコミカライズ版。作画を手がけているのは琴音らんまる。原作は新海誠。

新海誠監督作品 君の名は。公式ビジュアルガイド

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド作画をはじめ背景画、各設定などビジュアル満載。新海監督やキャストのインタビューも掲載している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。